1. TOP
  2. お知らせ
  3. DPC医療機関群Ⅱ群の指定について

DPC医療機関群Ⅱ群の指定について

このページを印刷する

DPC医療機関群Ⅱ群の指定について

患者様向け

 平成24年度診療報酬改定において、全国のDPC対象病院は、その機能や役割に応じて、I群・Ⅱ群・Ⅲ群の3つに分類されました。

 当院はこれまでⅢ群の指定を受けていましたが、この度、平成28年度の診療報酬改定において、Ⅱ群の選定に係る全ての実績要件を満たし、4月からDPC医療機関群Ⅱ群の指定を受けました。

 今後も、急性期医療に重点的に対応し、地域の医療機関及び福祉関係機関等との機能分担と連携を図り、東三河の地域医療を支える中核病院として、地域完結型医療の一翼を担っていきます。

○DPC対象病院の分類(平成28年4月1日時点)

 I群

 大学病院本院(81病院)

 Ⅱ群

 高診療密度を有する大学病院本院並の診療機能を有した病院(140病院)

 Ⅲ群

 I群、Ⅱ群以外の病院(1446病院)

○DPCとは・・・

 日本の診療報酬の体系は、診療行為ごとに設定された点数をそれぞれ合算して算出する「出来高払い方式」基本としていましたが、出来高払いによる医療費の請求では、各診療行為の量的な拡大に歯止めがきかず、医療費増大になるなどのいくつかの問題が発生しました。これを解決するために厚生労働省により「DPCによる包括評価制度」が導入されました。当院は平成18年度から「DPC対象病院」に指定されています。

DPCとは「診断群分類」のことで、診断(Diagnosis)、診療行為(Procedure)、組み合わせ(Combination)の略称です。「DPCによる包括制度」とは、入院患者さんの病名や症状をもとに、診療行為の内容に応じて、厚生労働省が定めた「診断群分類」ごとに定められた1日あたりの定額の点数(包括点数)を基本に医療費を計算する方式です。DPCによる包括評価制度のメリットは、全国のDPC対象病院との診療内容等の比較が可能となり、治療が標準化され無駄な投薬や検査がなくなることにあります。ただし、すべての入院患者さん入院費がDPCによる包括制度で計算されるわけではありません。 厚生労働省の定めた基準により長期にわたる入院や、労災保険、自賠責保険、正常分娩などの診療は対象となりません。

医療費の額は、DPC(診断群分類)ごとに設定される包括評価部分と、出来高評価部分の合計額となります。包括評価部分は、1日あたりの包括点数に、在院日数と医療機関ごとに設定された係数(医療機関別係数)を乗じて計算されます。


医療費の説明図



一覧へ戻る

  • リクルートスマホ_リクルート
  • 看護局のご紹介スマホ_看護局のご紹介
  • 総合周産期母子医療センタースマホ_総合周産期母子医療センター
  • 手術支援ロボットダヴィンチスマホ_手術支援ロボットダヴィンチ
  • 地域がん診療連携拠点病院 がんに関する情報スマホ_地域がん診療連携拠点病院 がんに関する情報
  • 高度放射線棟スマホ_高度放射線棟