1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 産婦人科
  4. 母体血胎児染色体検査 (NIPT) について

母体血胎児染色体検査 (NIPT) について

このページを印刷する

遺伝相談外来

「遺伝相談外来」では、母体血を用いた出生前遺伝学的検査 (NIPT : non-invasive prenatal genetic testing) を開始します。この検査は NIPTコンソーシアムの臨床研究の一環として実施されるものです。完全予約制でご本人と夫(あるいはパートナー)のカップルでの受診が必要です。対象となる方で研究への参加を希望される方は当院産婦人科外来、あるいはかかりつけ医から地域連携室を通して予約をお取りください。なお、かかりつけ医からの紹介状なしで当院産婦人科外来を初診される方は初診時選定療養費(5,400円)がかかります。

対象となる方

胎児の染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)についての検査希望があり、以下のいずれかの条件を満たす妊娠女性

  • 染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのいずれか) に罹患した児を妊娠、分娩した既往を有する場合
  • 高年妊娠の場合 (分娩時35歳以上)
  • 胎児が染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのいずれか)に罹患している可能性の上昇を指摘された場合※

※超音波検査、母体血清マーカー検査で可能性の上昇を指摘されている場合や両親にロバートソン転座(21/13染色体など)がある場合

その他留意点

  • 遺伝相談外来は第1、第3火曜日の午後1:30より完全予約制で行います。外来予約枠には限りがありますので検査希望者多数の場合、ご希望の日程で予約が取れない可能性もあります。あらかじめご了承ください。
  • 検査は10週以降で可能とされていますが、受診時が妊娠11週0日~14週6日になるようにご予約ください。
  • カップルで遺伝カウンセリングを受けていただき両人とも研究に同意頂いた場合検査を施行いたします。
  • 本検査に係わる診察料、検査料、カウンセリング料はすべて自費となります。
  • 東三河に現住所のある方で検査後当院へ通院、分娩いただける方に限定させていただきます。(指針により、検査施行後の妊娠経過の観察を自施設で行うことが可能であることが求められています。加えて妊娠の転機を報告、登録する必要があります。)

料金

  • 遺伝カウンセリング料:5,400円/30分(消費税込み)
    初回のカウンセリングはカップルで受診いただきます。カップルで受診いただいた場合も上記料金となります。2回目以降、検査結果の開示、説明を含めた遺伝カウンセリングについても同料金となります。
  • NIPT検査料・手技料:146,070円(消費税込み)
    初回カウンセリングより1~2週間後に行います。
    例:初回カウンセリングが30分で終了し、2週間後に採血。4週間後に検査結果の開示、カウンセリングを行った場合。合計156,870円(消費税込み)となります。

医療関係者の皆様へ

各医療施設で通院中に妊婦様が上記検査を希望された際は上記内容をご確認の上、病診連携室を通じてご予約(紹介)ください。

尚、この検査は以下の指針、ガイドラインを遵守し、日本医学会にて「母体血を用いた出生前遺伝学的検査」を行うべき施設として要件を満たしていることの証明、認可を受けています。(平成29年5月30日認可)

  • 日本産科婦人科学会「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」
  • 文部科学省、厚生労働省、経済産業省「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」
  • 日本医学会「医療における遺伝学的検査・診療に関するガイドライン」

その他の情報に関してはNIPTコンソーシアムのホームページ(他サイトへ移動します)でもご覧いただけます。