1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 放射線科

放射線科

このページを印刷する

スタッフ

石原 俊一

石原 俊一写真

職位 放射線科部長
兼臨床研究管理室副室長
出身大学 名古屋大学(H6卒)
学会資格・
教育等の資格

日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本放射線腫瘍学会専門医
日本医学放射線学会放射線治療専門医・研修指導者
臨床研修指導医
名古屋大学医学部臨床講師
中部ろうさい病院緩和ケア研修会修了
国立がん研究センター緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者

高田 章

高田 章写真

職位 放射線科副部長
出身大学 名古屋大学(H11卒)
学会資格・
教育等の資格
日本核医学会PET核医学認定医・核医学専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医
日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者
臨床研修指導医

中道 玲瑛

職位 放射線科医長
出身大学 名古屋大学(H20卒)
学会資格・
教育等の資格
日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者

石口 裕章

石口 裕章写真

職位 放射線科医員
出身大学 愛知医科大学(H22卒)
学会資格・
教育等の資格
日本医学放射線学会放射線科専門医

山田 剛大

職位 放射線科医員
出身大学 名古屋大学(H24卒)
学会資格・
教育等の資格
緩和ケア研修会修了

福嶋 洋道

職位 非常勤医師

川井 恒

職位 非常勤医師

中根 俊樹

職位 非常勤医師

林 葉子

職位 非常勤医師

小川 浩

職位 非常勤医師

荒川 紗季

職位 非常勤医師

大宝 和博

職位 非常勤医師

奥村 真之

職位 非常勤医師

神谷 晋一朗

職位 非常勤医師

加茂前 健

職位 非常勤医学物理士

外来担当表

第1診察室午前 石口 荒川 奥村 高田 中道
午後
放射線治療室1午前 石原 石原 石原 石原 石原
午後 石原 石原 石原 石原 石原
放射線治療室2午前 山田 奥村 山田 山田
午後 山田 大宝・山田 山田 山田

主な対象疾患

炎症や良性・悪性腫瘍など各種疾患

特色

放射線科は、CT、MRI、核医学、PET-CTなどの各種画像診断と血管内治療(IVR)、及び放射線治療を行っています。

各科の臨床診断を画像診断の立場からサポートし、より確実な確定診断に結びつくよう努力しています。

紹介患者さんのCT、MRI、PET-CTについては病診連携用の専用予約枠を確保しており、優先的な撮影、画像処理、CD-ROMに加工して放射線診断専門医による画像診断、報告書作成をいち早く行っています。

核医学治療に関しては、甲状腺機能亢進症に対するヨード内用療法、骨転移に対するストロンチウム(メタストロン)治療、前立腺がん骨転移に対する塩化ラジウム(ゾーフィゴ)治療を実施しています。

放射線治療は原発性・転移性を問わず悪性腫瘍全般(一部良性腫瘍含む)に対し行っており、通常の照射のほかにも頭蓋内の比較的限局した病変を対象とした定位放射線治療、子宮頸癌に対する腔内照射も施行しています。

2017年2月から3月に放射線治療装置の移転・更新、増設されて、2台体制となりました。順次、新しい照射法を導入していく予定です。

照射に伴う副作用の軽減にも力を入れており、多くの方が外来通院照射を受けています。

検査、治療などに対し疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

動画「見て聴いて知る!がんの放射線治療」
(日本放射線腫瘍学会(JASTRO)動画特設ページへ移動します)

臨床研究実施に関する情報提供に関する提示

子宮頸癌放射線治療後の有害事象とその経時的変化の解析

印刷用ファイル(PDF/87KB)

研究課題「子宮頸癌放射線治療後の有害事象とその経時的変化の解析」のため、患者さんのデータを利用させていただきます。
この研究は放射線治療を行った患者さんのその後を追跡することで、主に副作用について出現率や重症度を解析し、今後の診療に役立てようとするものです。この研究に参加するにあたって、対象となる患者さんに特に不利益になるようなことは生じません。
対象となるのは以下の条件に当てはまる方です。

2007年1月から2013年12月の間に子宮頸癌に対し、豊橋市民病院にて放射線治療を施行した患者さん。
ただし、術後照射、術後再発・遠隔転移に対する照射の方は除きます。

今回使用する情報は以下の通りです。情報は全て診療録より取得します。
・年齢、性別、全身状態、腫瘍の情報(組織型、臨床病期、画像所見(CT、MRIなど)、採血の結果等)、治療の情報(治療開始日、放射線の照射範囲、総線量、併用化学療法(抗がん剤)の有無とその内容、効果、副作用等)、生死(死亡の場合は死因)、生存期間など

取得した情報は表題の研究のためにのみ使用されます。
共同研究施設である名古屋大学医学部放射線科や統計解析者との情報共有のため、匿名化された情報はパスワード付きのUSBメモリに保存し、提供されることがあります。

情報の管理責任者は 豊橋市民病院 放射線科 部長 石原俊一 です。
そのほか、本研究の担当である山田剛大(豊橋市民病院放射線科医員)、研究協力者の伊藤善之(名古屋大学医学部放射線科)、統計解析担当者の池田充(名古屋大学医学系研究科・医学部保健学科)が情報を利用させていただきます。

上記の情報提供は本人もしくは代理人の請求によりいつでも拒否できます。
情報提供を拒否する場合や、本研究に関して何か疑問がある場合は豊橋市民病院の代表電話(TEL 0532-33-6111)に電話し、放射線科部長 石原俊一、もしくは医員 山田剛大にとりついでもらってください。直接お話させていただきます。

よろしくおねがいします。

豊橋市民病院 放射線科

放射線治療症例全国登録

印刷用ファイル(PDF/118KB)

当院で放射線治療を受けられた患者様へ

当院は、放射線治療症例全国登録(Japanese Radiation Oncology Database:JROD)に協力しております。この調査は放射線治療を受けられた患者様の診断、治療過程(外科手術、化学療法含む)とその結果とともに、施設の設備情報、放射線治療に関わる人員情報を全国規模で詳細に調査するものです。

この研究により、臨床治療面での全国的ながん診療評価、医療スタッフの業務負荷検証を行い、がん診療の改善点を明らかにして診療の質を向上させます。患者様により良い医療の提供を可能にします。さらに患者様と同じ病態について、現時点の全国レベル、地域レベルでの治療成績も提供できます。

この研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」により、対象となる患者さんのお一人ずつに直接説明を行った上で同意をいただく代わりに、研究内容の情報を公開することが必要とされております。

この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、下記の「責任施設」または「当院の窓口」へご照会ください。もし、詳しいことをお知りになりたい場合には、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲で、より詳しい計画書や関連資料を閲覧いただくことができます。また、個人情報保護法に基づく開示・利用停止等の手続き等を希望される場合にも、お申し出ください。

【研究課題名】
全国放射線治療症例に基づく放射線治療の実態調査および質評価(実施期間:2015年承認日~2020年3月31日)

【研究機関】
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 臨床研究クラスタ病院 医療情報室

【研究責任者】
奥田 保男

【協力/共同研究機関】
公益社団法人 日本放射線腫瘍学会、国立大学法人 大阪大学大学院医学系研究科

【研究の目的】
本研究は、日本全国の放射線治療の基本的な構造および症例情報を収集・集計・分析し、その結果を医療施設に還元することで治療成績や効果の改善をはかり医療の質の向上に役立てると共に、広く国民に対し放射線治療方法の動向や現状などの情報を正確に開示することを目的とします。

【研究の方法・データの利用方法】
●対象となる方々 2014年1月1日~2018年12月31日の期間中に放射線治療を受けた患者様
●利用する情報及び利用方法 患者基本情報(匿名化)、病歴、所見、病期、治療情報、治療結果、予後情報、施設構造情報
※上記対象データを専用端末に収集し、匿名化(特定の個人を識別することができない)処理後、セキュリティ対策をした環境で放射線医学総合研究所と共有させていただきます。

【個人情報の取り扱い】
収集する症例情報は、患者様個人を識別することができないように匿名化して扱います(病院ID、お名前削除)。また調査の過程で患者様を特定することもありません。(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所個人情報保護規程に従い、資料の保管管理及び利用等に関する措置を行います。)
この研究にご自分のデータを使ってほしくない方(又は代理人の方)は、2020年3月31日までに下記窓口にお申し出くださるようお願い致します。ご自分のデータの使用をお断りになっても、治療に不利益を受けることはありません。

【責任施設】
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 臨床研究クラスタ病院 医療情報室 研究責任者:奥田 保男
〒263-8555 千葉県千葉市稲毛区穴川4-9-1
TEL 043-382-8001(代表)(平日9:00~17:00)

【当院の窓口】
豊橋市民病院 放射線科 担当者:石原 俊一
〒441-8570 豊橋市青竹町字八間西50番地
TEL 0532-33-6111(代表)(平日9:00~17:00)

多施設による遡及的調査:『子宮頸部小細胞癌の治療法とその予後に関する実態調査』
Retrospective analysis by multicenter survey for small cell carcinoma of uterine cervix

印刷用ファイル(PDF/169KB)

【研究期間】
2003年1月1日から2016年12月31日までの期間で、組織学的に子宮頸部小細胞癌と診断された症例を対象とし、多施設による小細胞癌の実態調査を行います。研究期間は実施承認日から2021年12月31日までです。

【研究の目的・意義】
豊橋市民病院では多くの子宮頸癌の方が治療されております。手術だけでなく、放射線治療を施行される患者さんの数も多く見えます。一般に子宮頸癌はその多くが扁平上皮癌で小細胞癌は子宮頸癌のわずか1-3%といわれ、非常にまれな疾患です。子宮頸癌の治療は、手術、放射線そして化学療法がそれぞれ単独治療で行われることよりも、近年ではこれらの治療法を組み合わせる集学的治療が行われ、標準的治療が確立されてきました。
しかし、小細胞癌の治療はその発生数が少ないため標準的治療は定まっておりません。そこで、東海放射線腫瘍研究会に属する施設で小細胞癌に関する現状を把握するために多施設による実態調査を行います。

【研究方法】
2003年1月1日から2016年12月31日までの期間に、豊橋市民病院で子宮頸部癌と診断され、そのうち組織診断が小細胞癌とされた患者さんのカルテ情報を参照させていただきます。情報を収集するのみで、この調査研究のために新たに検査を追加するなど、患者さんの負担となるようなことは一切行いません。東海地区の多数施設から集められた情報を解析し、現状の把握と将来の標準的治療の確立を図るための基礎資料とさせていただきます。

【提供される情報項目】
 (1)患者情報
  診断時年齢、PS(performance status; ECOG)、血液学所見、喫煙歴等
 (2)腫瘍情報
  臨床進行期分類、腫瘍径、組織型等
 (3)治療情報
  治療日、治療内容、治療効果、有害事象等
 (4) 予後情報
  再発の有無・再発日、救済治療の内容、生死等

【情報提供の方法】
当院で収集された情報は匿名化され、名古屋大学病院放射線科川村麻里子医師へメールで送付されます。当院では放射線科医師石原俊一が、名古屋大学病院では放射線科川村麻里子医師および伊藤善之医師がデータを管理します。
情報の管理責任者は当院では放射線科・石原俊一、名古屋大学病院では放射線科川村麻里子医師が担当します。

【予測される利益・不利益について】
この研究に参加いただいた場合、患者さんに直接生じる利益はありませんが、
東海地区の子宮頸部小細胞癌の治療法とその予後に関する現状を知ることができます。また、今後新たに発生する子宮頸部小細胞癌患者さんには、共有された情報を基に治療法に対するより適切な説明と今後の新しい臨床試験が開始された場合には参加する機会が得られます。
過去の記録をもとに検討いたしますので、今回参加いただいた患者さんへの新たな負担や副作用などの不利益はありません。

【本研究の実施について】
この研究は多施設による遡及的調査(後ろ向き研究)として、名古屋大学生命倫理審査委員会の承認をすでに受けており、研究協力施設として、当院の臨床研究審査委員会の承認を受けたうえで行われています。
もしも患者さんがこの研究へのご自身のカルテ情報の利用を望まれない場合には、その情報をこの研究には使用いたしませんので、下記連絡先までご連絡・ご相談ください。しかしながら解析終了後または学会・論文での発表後には、データを削除できないことがありますのでご了承ください。

【連絡先】
豊橋市民病院 放射線科
当院研究責任者名 石原俊一
住所 豊橋市青竹町字八間西50番地
電話 0532-33-6111
FAX 0532-33-6177

名古屋大学大学院医学系研究科 高次医用科学講座 放射線治療学 特任教授
研究責任者名 伊藤善之
住所 名古屋市昭和区鶴舞町65
電話 052-744-2327
FAX 052-744-2335

【個人情報の保護について】
研究に用いるカルテ情報は全て匿名化して誰の情報かわからないような形にしてから解析を行います。したがって患者さんの個人情報が他に漏れる心配はありません。匿名化されたデータやその他の解析資料等は、研究終了後5年間を経過した後、破棄いたします。

【費用について】
この研究に関して、患者さんへ追加でご負担いただく費用はありません。また謝礼もございません。

 

フロア案内

フロア案内画像