1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 救命救急センター

救命救急センター

このページを印刷する

スタッフ

救急外来センター

平松 和洋

平松 和洋写真


職位

副院長
兼医局一般外科第一部長
兼救急科部長
兼救急外来センター長

出身大学 自治医科大学(S62卒)
学会資格・
教育等の資格
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
日本乳癌学会認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技術指導医
臨床研修指導医
名古屋大学医学部臨床講師
日本肝胆膵外科学会評議員
臨床研修協議会プログラム責任者養成講習会修了
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
副センター長 石井健太(救急科副部長、一般外科副部長兼任)

救急入院センター

センター長 冨田崇仁(循環器内科第二部長、シュミレーション研修センター長兼任)
副センター長

青葉太郎(一般外科第三部長、卒後臨床研修センター副センター長

、専門医研修センター副センター長兼任)

救命救急センターとは

当院の救命救急センターは、東三河地区の救命救急センターとして、1次から3次までのあらゆる救急患者に対応しています。
救命救急センターは、救急外来センター・重症例が入院する救急入院センターに分かれ、24時間体制をとっています。
またヘリポートを併設しているため、東三河全域より、ドクターヘリまたは防災ヘリにて重症救急患者を受け入れています。

救命救急センターとは

当院は災害拠点病院でもあるため、日頃より災害訓練等を行い、万全の体制を組んでいます。

特色

救急体制

院内当直体制は、10名体制で臨んでいます。

内訳は、救急入院センター直1名、内科医師1名、救急外来センター直1名、研修医4名、産婦人科医師1名、小児科医師2名の10名の体制を組んでおり、週末や年末年始の長期休暇時には、増員体制をとっています。

救急教育

当救命救急センターでは、医学生、研修医、地域の救急救命士等に対して毎朝症例検討カンファレンスを行い、常に最新の医学教育を行っています。

また1月にそれぞれ1回の日本救急医学会認定のICLSコース、豊橋外傷初療セミナー、院内BLS/AEDコースを開催し、Medical controlの一環としての双方向性の情報交換カンファレンスを行っており、院内医療スタッフ、地域救急隊ともに、質の向上を目指しています。

救急搬送実績

期間
(1月~12月)
外来受診患者数 救急搬送患者数 救急搬送不応需数 応需率
2020年 15,431人 7,143人 100人 98.6%
2019年 20,312人 7,635人 56人 99.3%

フロア案内

救急外来センター 診療棟1階

フロア案内画像

救急入院センター 西病棟3階