1. TOP
  2. 豊橋市民病院とは
  3. チーム医療について

チーム医療について

このページを印刷する

呼吸サポートチーム(RST)について

RSTとは呼吸サポートチームのことです。

  • 呼吸サポートチームはRespiratory Support Teamの頭文字をとってRSTと呼ばれています。
  • 当院では平成22年9月より経験を積んだ医師、看護師、臨床工学技士、理学療法士を中心にRSTを立ち上げました。

RSTの役割

  • RSTは医師や看護師達と共に、人工呼吸器を装着された患者さんの離脱に向けた適切な鎮静、リハビリテーション、合併症予防、質の高い安全な人工呼吸管理について取り組みます。
  • 病院勤務医の負担軽減体制に関連しても、チーム医療の推進が柱として掲げられています。
  • 病院への貢献の一つとして、呼吸ケアの方法や院内スタッフが抱える課題について一緒になって考えていきます。

栄養サポートチーム(NST活動)について

栄養サポートチーム

当院ではチーム医療の一環として、平成14年から勉強会を開始し、平成16年1月より栄養サポートチームが活動を開始しました。栄養サポートチームは Nutrition Support Team の頭文字をとって「NST」と呼ばれています。

NSTとは

NSTとは、栄養について総合的に管理するシステムです。
栄養不良は治療や病気の予後に重大な影響を与えることが以前より指摘されていました。しかし、今までの医療では一部の医師や医療スタッフが栄養と治療との関連に注目している程度でした。入院や通院の患者さんの40%以上に栄養障害が見られるという報告が相次ぎ、栄養療法の重要性が再確認されるようになりました。そのため患者さんの栄養状態を把握し(病気の状態とともに身長や体重など身体測定と血液検査値から)適切な質の高い栄養投与(経口栄養の支援・経腸栄養・静脈栄養など)により個々の患者さんの全身状態を改善することを目的に多くの医療業種から人と知恵(専門性)・力を持ち寄って運営・活動するチームです。

栄養不良が続くと

  • 病気にかかりやすくなったり、2つ以上の病気になりやすい。
  • 手術や外傷・褥瘡(床ずれ)などの創傷治癒に悪影響をもたらします。
  • 手術後の合併症の増加や入院期間が長期化してしまいます。
  • 免疫力低下による感染症の増加・悪化が起こります。
  • 筋力低下による日常生活の質の低下(歩行困難・嚥下障害・誤嚥性肺炎など惹起)がみられます。

など

NSTの役割

  1. 患者さんの栄養状態の解析を行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
  2. 適切な栄養管理がなされているかどうかをチェックする。
  3. 各患者さんに相応しい栄養管理法を指導・提言する。
  4. 栄養管理に伴う合併症を予防・早期発見・治療する。
  5. 栄養管理上の疑問に答える。
  6. 患者さんの早期復帰を助け、QOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる。
  7. 病院職員を対象に新しい知識の啓発をする。

当院のNSTの構成

平成17年より栄養管理委員会の中にNST運営委員会が設置されました。医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・言語聴覚士・理学療法士・臨床検査技師・放射線技師・歯科衛生士・管理事務より構成されています。稼働NSTスタッフとしては、委員会の下に下図のように構成されています。

スーパーアドバイザー 加藤院長
チェアマン 柴田(一般外科・肛門外科医師)
ディレクター 平松(一般外科医師)、鳥居(総合内科医師)、
小澤(耳鼻いんこう科医師)、長坂(移植外科医師)
アシスタント・ディレクター 看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、
言語聴覚士

豊橋市民病院NST教育カリキュラム

豊橋市民病院は、NST教育認定施設として院内・院外の方のための教育カリキュラムを行っています。学会入会や教育セミナーなどの資格条件とあわせ、当院でのカリキュラムを終了された方は「NST専門療法士」への受験資格が取得できます。
カリキュラムは、約1か月のうち、述べ7日間、合計42.5時間となります。講師はそれぞれの業種が担当しており、NSTに関連する実臨床へ応用可能な内容となっています。
当院での教育カリキュラム受講希望者は、栄養管理室(NST事務局)までご連絡ください。カリキュラム日程については、NST事務局とご相談ください。なお、院外からの研修希望者については、研修費が必要となります。
教育カリキュラム修了に際しては、NST事務局で確認後に当院院長より修了証を授与します。
※受講資格は、「日本国の管理栄養士、薬剤師、看護師、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士及び歯科衛生士の免許を有し、NST専門療法士を志す方」です。

【お問い合わせ先】
〒441-8570
愛知県豊橋市青竹町字八間西50番地
豊橋市民病院 栄養管理室(NST事務局)
TEL:0532-33-6111(代表) 内線5150
FAX:0532-33-6177

その他

施設認定取得状況

No認定施設認定団体
1 NST(栄養サポートチーム)稼働施設 日本静脈経腸栄養学会
2 「栄養サポートチーム専門療法士」認定教育施設 日本静脈経腸栄養学会
3 NST稼働施設 日本栄養療法推進協議会
豊橋市民病院NST活動資料形式サイズ
豊橋市民病院NSTガイドライン PDF 282KB
豊橋市民病院NST教育カリキュラム PDF 67KB

緩和ケアチームについて

緩和ケアチーム

平成19年、地域がん診療連携拠点病院の指定に基づき、がん緩和医療の提供、支援を行うため、専門の医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーから構成される「緩和ケアチーム」を設置し、平成21年6月に緩和ケア外来を開設しました。

緩和ケアの目的の役割

  1. 質の高い緩和ケアを提供するために緩和ケアチームが各自それぞれの専門性を発揮し患者やご家族と十分な話し合いを行い治療やケアを進めます。
  2. がんなどの悪性腫瘍にかかられた患者さんの持つ以下のような苦痛やその家族の苦悩を緩和ケアで可能な限りやわらげ、生活の質の向上を図ります。
    1. がんにともなって出現する痛みや痛み以外の苦痛となる症状(吐き気、呼吸困難など)
    2. 精神的な苦痛(不安や苦悩など)
    3. 社会的な苦痛(仕事上の問題、家庭内の問題、人間関係の問題など)
    4. スピリチュアルな苦痛(生きる意味に関する問題など)

緩和ケアチームの活動

緩和ケアチームカンファレンスイメージ

緩和ケアチームは、当院入院中の患者さんや院内外を問わず、痛みや不安で困っているがん患者さんに対して、かかりつけ医と主治医が連携して、がんに伴う痛みなどのつらい症状、心の問題、療養上の心配ごとなどの解決を図り、安心して療養生活が過ごせるようにサポートを行っています。

緩和ケア外来

がん治療は手術や化学療法など、がんそのものの治療だけでなく、がんに伴う痛みなどのつらい症状、心の問題、療養上の心配などの解決を図ることが安心して療養生活をおくる上でとても大切です。
当院では、緩和ケア外来を開設して、かかりつけ医と主治医が連携して患者さんのサポートをおこないます。

  1. 対象者
    院内外を問わず、現在かかりつけ医に受診され、緩和ケア外来に紹介していただける患者さん。
    (診察にはかかりつけ医からの紹介状が必要です。)
  2. 診察日
    毎週火曜日の午後1時30分から(完全予約制)
  3. 費用は
    健康保険診察となります。
  4. 問合せ、申し込み
    がん相談支援センター(患者総合支援センター内)(電話 0532-33-6290)

当院の緩和ケアチームの構成

平成19年より緩和ケアチームを設置し、医師・看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカーなどから構成されています。

認知症サポートチーム(DST)について

認知症の人が入院するということ

病院という環境は、生活の色を感じとることができない白を基調とした単調な色合いの空間に、まっすぐな廊下に沿って同じような部屋(病室)が並ぶ建築的環境が多くなります。特に、当院のような急性期病院ではモニターの音やナースコールの音、ストレッチャーや配膳車が通る音、医療関係者が廊下を行き交う足音など、認知症の人からすると過剰なほどの刺激が多い空間でもあります。加えて、病気による身体の不調を感じ、慣れない治療を受けなければなりません。認知症の人は、入院することで日ごろできていたことがうまくいかず不安になり、更に環境の変化から混乱してしまうことがあります。認知症ケアにおいて、認知症の人が抱える身体の苦痛や心のつらさを理解し、個々人にとって安全で安寧な療養環境を整え、安心して治療が受けられるように支援することが必要となります。

認知症サポートチーム(DST)とは

認知症ケアを推進するための多職種によるチームです。医師、看護師、薬剤師、作業療法士、医療ソーシャルワーカーから構成され、活動しています。認知症サポートチームはDementia Support Teamの頭文字をとってDSTと呼ばれています。

目的と役割

さまざまな原因によって入院した認知症のある患者さんを診療する医療スタッフへのサポートを行います。病棟での認知症看護・治療の実情について把握し、認知症や認知症ケアに関する正しい知識に基づいて対応方法や治療方法について助言します。そのことにより、認知症ケアの実践力の定着・向上を図り、認知症のある患者さんが最善の医療を受けられ、安心して穏やかな療養生活を送れることを目指します。

活動

認知症サポートチームイメージ

認知症のある患者さんへの対応について、病棟スタッフからの要請を受け、毎週ラウンドを行っています。病棟スタッフとともに患者さんのニーズを探り、対応策について検討しています。また必要に応じて、認知症看護認定看護師による、臨時ラウンドも行っています。

褥瘡対策チームについて

褥瘡とは

褥瘡(じょくそう)は「床ずれ」ともいわれ、ベッド・布団や椅子などと皮膚が接触する部分に強い力が加わることで、皮膚の血流が悪くなり、皮膚やその下の組織がダメージを受けてできる損傷のことです。

褥瘡対策チーム(平成14年3月から活動を開始)

  • 目標
  1. 褥瘡の発生予防
  2. 褥瘡の早期発見
  3. 褥瘡の改善・治癒
  • メンバー構成

皮膚科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士による多職種のメンバーで構成されています。

褥瘡対策チームの役割

  1. 患者さんの褥瘡発生のリスクを評価し、褥瘡対策が必要かどうか判断する。
  2. 患者さんに適切な褥瘡対策が実施されているか確認する。
  3. 患者さん個人に合った褥瘡対策を実施できるように指導・助言する。
  4. 褥瘡対策にかかわる体制を確保する。
  5. 適切な褥瘡対策を実施できるように、病院職員を対象に研修を行う。

褥瘡対策チームの活動

褥瘡活動写真
  1. 週2回の褥瘡ラウンドの実施
    褥瘡がある患者さんのベッドサイドにチームメンバーが訪問し、褥瘡の処置、ケア方法、栄養管理、リハビリなどの指導や助言を行い、褥瘡の改善・治癒を目指し、活動しています。
  2. 週1回の褥瘡カンファレンスの実施
    褥瘡発生のリスクが高い患者さんに、適切な褥瘡対策を実施できるようにカンファレンスしています。
  3. 病院職員を対象に院内研修を実施しています。