先輩看護師の声

先輩看護師の声

就職して2年が経ちました。私が配属されている病棟は、消化器内科、呼吸器内科の混合病棟です。たくさんの検査が毎日行われており、術前・術後の症状観察、異常の早期発見を行うことや病棟で行われるPEIT、肝生検、RFAでは、医師の介助も行います。また、ターミナル期の患者もおり、苦痛の緩和や患者・家族の精神面にも寄り添っていくことが必要となり、幅広い看護を学ぶことができます。この2年間で私は看護師としての経験をたくさん積むことができました。1年目はサブリーダーを中心に指導を行ってくれます。さらにプリセプターもついているため、悩んだとき、へこんだときには相談にのってくれ、精神面のフォローも行ってくれます。東6のスタッフは指導も丁寧に行ってくれますが、できているところを認め、伝えてくれるので、私は少しずつ自信をもって患者と接することができるようになりました。今、2年目となり、一人で考え行動できることも増えてきましたが、時には落ち込むこともあります。そんな時にはスタッフが声をかけてくれ、前向きに考え次に進むことができ、多くの人に支えられてここまで働くことができたと感じています。新人の皆さん、豊橋市民病院で一緒に働き、看護師として人間として成長していきましょう。スタッフみんなでサポートします!!


豊橋市民病院に入職し小児科に配属されもうすぐ2年が経ちます。1年目の頃は、分からないことばかりでしたが、今は分かることも増えて一人でできることも多くなっています。嬉しく達成感もありますが、それと同時に不安や恐怖もあります。いろいろな疾患もあり入院期間も様々な中で、子どもやその家族との関わりは難しいです。そのような時は先輩方に相談をしたり、フォローや助言をしてもらい日々成長できるように毎日過ごしています。ぜひ豊橋市民病院に入職して一緒に成長していきましょう。


私は学生の頃より憧れていた循環器病棟に配属されました。とても忙しく毎日業務をこなすことでいっぱいいっぱいとなってしまうことがありますが、心電図など学べることがたくさんあります。先輩看護師もとても優しく、困っていたりすると必ず声をかけてくれます。なので分からないことなどすぐに相談できて安心し仕事ができます。また、当院はフレッシュ研修で月に1~2回ほど新人研修があります。基礎・基本を学ぶことができるうえに、他病棟の新人とも話ができるとても良い機会となっています。豊橋市民病院はたくさんの科があり、様々な事が学べます。新人教育もとても充実しているので、ぜひ一緒に働きましょう。


私は豊橋市立看護専門学校に通っていたので、実習で豊橋市民病院に来ていました。そのためこの病院の看護師さんの雰囲気や患者さんへの接し方を間近で見ていたので、就職に対して安心感がありました。看護学生を普段から指導されているため、新人として部署に配属された際は一から教えていただけます。新人のための研修を通して基礎技術を正しく身に付ける事ができるのも本当に魅力だと私は思います。また、日々を通して、「自分には何が足りないのか」「どうしていくべきか」と考え、自ら学ぼうとする姿勢も身に付くようになると思います。私自身は時間の管理が上手くできず「学生の時みたいに一人の患者さんとたくさんの時間を共有してお話を伺いたいな」と思うことが増えてきました。学校の先生方が「患者さん一人の事をこんなにも思えるのは学生の時だけだから」という言葉を実感し、学生さんをうらやましく思う時もあります。レポートや自己学習で大変だと思いますが、体調を崩さないように頑張ってくださいね。


助産師として働き始め、もうすぐ3年が経ちます。新人の頃は分からないことが多く、先輩についていくのがやっとでした。温かく教えてくれる先輩方のおかげで、今では、どのような看護や助産を行うべきか自分で考えながら働けるようになりました。まだまだ未熟な私ですが、出産された産婦さんやご家族から感謝の言葉を言っていただけると嬉しく思います。出産という人生の大きなイベントに携わらせていただくことを有難く思い、これからも頑張っていこうと思います。素敵な職場で一緒に働いてみませんか。


私の卒業した学校からの就職者は少ないですが、同期や先輩方はとても気さくに接してくれてその明るさに支えてもらっています。新人研修では、学生の頃は使用する事のなかった医療機器に触れ知識や技術を同期と一緒に向上することができます。また、そういった新人研修では仕事の悩みを共有する機会にもなっているため、自分ひとりで抱え込まず周囲からいろんな意見を聞くこともできました。この一年は新しい環境に慣れることにいっぱいいっぱいになってしまっていた時もありましたが、患者様からの「ありがとう」という言葉や笑顔を見てこの仕事に就けて本当に良かったと思います。緊張や不安もあると思いますが先輩や同期等いろんな方々が皆さんの事を支えてくれると思います。明るく元気な皆さんとお会いできるのを楽しみにお待ちしています。


私は2年目の看護師です。2年間恵まれた環境で毎日楽しく、充実して仕事に励んでいます。それは丁寧なアドバイスや親身な相談、悩みも共有してくれる優しい先輩のいる職場があるからこそだと思います。1年目と比べ自然と笑顔も増え、やりがいをもって看護できています。また理想の先輩もたくさんいらっしゃり、看護だけでなく、一人の社会人としても成長させてくれます。2年間で看護は何一つ同じものはないと学びました。同疾患でも患者さん1人1人違うことで行う看護も違い、無限大です。私はまだまだ学び足りないことも多く、後輩もできてもっと成長したいと思える環境が周りにはあります。ここはとても大きな病院で、たくさんの患者さんや看護師と出会い、様々な看護をより豊富に学べると思います。こんな環境の病院でぜひ一緒に働きましょう。


私は就職から血液腫瘍内科で働いています。血液腫瘍内科では、主に抗がん剤による治療を行います。それ以外にも日々のケアや症状に合わせた検査・治療を行っています。また現在は在院日数の短縮を図っていますが、治療の影響で他科に比べて在院日数が長い患者が多いです。そのため深くコミュニケーションがとれ、患者の背景や人生の経験から多くの事を学ぶこともできます。新人として働き始めてからは、色々なことが初めてで緊張や戸惑いがありました。しかし、新人教育担当の看護師が一年の計画をたててフォローしてくれたり、他のスタッフも色々と相談にのってくれて職場のスタッフ全体で教えてくれます。また、市民病院には看護技術のマニュアルがあり、基礎からしっかりと学べます。そのほかにも院内研修や勉強会、院外での研修と、多くの学びを得る機会も充実しています。看護は楽しいところ、面白いところもありますが、反面つらい事もたくさんあります。それでも患者の人生に少しでも関わる事ができ、自分の人生にも患者の人生や教えが影響し、多くの事を学び、考えさせてくれる職業はあまりないと思います。みなさんと働けることを楽しみにしています。男性の方もどんどん来てください。


手術室看護は病棟看護とは違うことが多く、配属当初は自分の思っていた看護との差に悩むことがありました。しかし、手術センターの先輩看護師から指導を受け、自分自身の考える手術室看護について見出すことが出来るようになりました。現在は若手看護師の指導を行い、手術室看護についてやりがいを感じることができるようにと考えています。


救急外来には24時間様々な症状の患者様が来院し、私たち看護師も多くの知識・技術が求められます。新しい知識・スキルを身に付けるため、学会や色々な勉強会にも職場の仲間同士でリフレッシュも兼ねて積極的に参加し、日々の看護に活かしています。夜勤もあり、家庭と仕事の両立は大変ですが、周りのスタッフの協力も得られ、やりがいのある職場で充実した毎日を過ごしています。男性看護師も多く、みんな子育てしながら頑張っています。市民病院で一緒に働きましょう!


このページの先頭へ