認定看護師のご紹介

認定看護師のご紹介

皮膚・排泄ケア認定看護師

 皮膚・排泄ケアとは、創傷、ストーマ、失禁に関わる看護のことを指します。褥瘡(床ずれ)などの創傷やストーマ造設、失禁に伴って生じる問題のアセスメントを行い、適切な皮膚ケアや排泄管理・指導を行います。
 現在、週1回のストーマ外来を行い、ストーマ保有患者さんのQOL(生活の質)を向上させることができるように関わっています。また、週1回排尿ケアチームの一員として、医師、看護師、薬剤師、理学療法士などのメンバーとともに、失禁や尿閉などの排尿障害がある患者さんが排尿自立できるように取り組んでいます。

皮膚・排泄ケア認定看護師  鈴木 雅恵


 私は、皮膚・排泄ケア認定看護師として、主に褥瘡のケアに携わっています。褥瘡発生リスクが高い患者さんの予防ケアや、褥瘡保有患者さんの早期治癒に向けた環境作りなどを行っています。また、医師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、看護師による褥瘡対策チームがそれぞれの専門性を活かし、褥瘡の早期治癒を目指して週1回ラウンドをしています。
 また、週1回担当しているストーマ外来では、退院後の患者さんがストーマケアに自信を持ち、その人らしく日常生活を送れるよう支援しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師  名倉 小百合


 皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷(褥瘡・離開創など)・ストーマ(人工肛門・人工膀胱など)・失禁(排尿・排便障害、肛門周囲炎など)の分野に関連した専門的なケアを提供する看護師です。
 現在は、消化器外科・皮膚科・消化器内科病棟に勤務し、病棟内での褥瘡対策予防やストーマケア、スキントラブルなどのケアを中心に携わっています。専門的視点からスタッフへ指導・相談を受け、より良い看護を提供し日々のケアに努めています。また、ストーマ外来では、患者さんが安心して生活が送れるように支援しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師  春名 可織

このページの先頭へ

感染管理認定看護師

 感染管理認定看護師の役割は病院内で発生する感染(肺炎や創部感染など)を減らすことです。病院の中といっても菌やウイルスがいないわけではありません。清掃の行き届いた環境を維持し、私たちの手を清潔に保つことが感染予防となるのです。これには大勢の医療スタッフが関わっています。みんなが一丸となって取り組んでいるから"院内感染"が発生しないのです。これらをサポートするのが私の仕事です。
 当院には医師や薬剤師など10名を越えるスタッフが院内感染対策チーム(ICT)を結成しています。私もチームの一員として頑張っていますので期待していてください。

感染管理認定看護師  高橋 一嘉


 看護師だけでなく他職種(薬剤部門、検査部門、病棟助手など)との関わりが多い分野です。
 各病棟にいる感染リンクナースと協同し、患者さんの生活環境や日常生活援助、治療や処置に関する感染対策に取り組んでいます。
 また医療従事者の手指衛生や感染対策行動ができているかなど定期的に評価し、基本的な感染対策の実践を目指しています。

感染管理認定看護師  伊藤 賀代子


 平成29年7月に感染管理認定看護師の資格を取得いたしました。
 感染症は、身近なかぜ症候群やインフルエンザから、生命に関わる重篤な疾患まで多岐にわたります。私の役割は、感染に対する専門的な知識と技術を用いて、そのような感染から「患者さんとその家族・職員・病院に訪れるすべての人を守る」ことです。そのためには感染の原因となるリスクを抑制することが大きな使命となります。
 環境整備や感染予防行動の励行を中心に、感染予防に重点を置き、豊橋市民病院を訪れる方に「安心・安全」を提供できるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

感染管理認定看護師  福井 通仁

このページの先頭へ

摂食嚥下障害看護認定看護師

 私は、病気によって口から食べる事が難しくなった患者さんに、もう一度口から食べるチャンスを提供する看護を支援します。
 人間にとって、食べることは生きることであり、人生を豊かにすることです。病気によって食物を口から摂取できなくなると栄養状態が悪化するだけでなく、その人らしい生活を送ることができなくなります。そのような危機的な状況に陥った時に、食べ方や食べ物を工夫したり、訓練をすることによって、もう一度口から食べることができるようにお手伝いします。
 少しでも多くの患者さんが口から食べる喜びを回復し、笑顔になれるように、希望のある看護をしたいと考えています。

摂食嚥下障害看護認定看護師  黒木 聡子

このページの先頭へ

緩和ケア認定看護師

 緩和ケアは、がんと診断されたときから最期の瞬間まで、患者さんの意思を大切に、生きることを支えていくケアです。
 痛み、だるさ、こころのつらさなど、がんに伴うすべての症状の緩和や日常生活の援助、ご家族の心配事に対する支援を行います。
 現在は病棟に所属し、患者さんやご家族に対し直接的なケアを行っています。また、緩和ケアチームとして病棟ラウンドや緩和ケア外来を担っています。スタッフからの相談対応を行うことも活動の一つです。
 「がんになってつらかった」という言葉の他に、「がんになってもこんなにいいことがあった」と言ってもらえるよう患者さんやご家族に寄り添い、その人らしさを支えていくことをめざしています。

緩和ケア認定看護師  森田 知子

このページの先頭へ

がん性疼痛看護認定看護師

 がんによる痛みは身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな痛みが絡み合って存在します。また、痛みは主観的であるため、その主観的痛みを体験している人を理解することが疼痛緩和への第1歩だと考えています。
 緩和ケアチームメンバーの一員として病棟ラウンドを中心に活動を行っています。また、各病棟の緩和ケアリンクナースの育成を通して、誰もがいつでもどこでも同じように緩和ケアが受けられる病院作りを目指しています。
 さまざまな痛みから解放され、患者さんや家族がその人らしく過ごせ、生活の質(QOL)が向上するよう病棟看護師や他職種と共に疼痛緩和ケアの提供を行っています。

がん性疼痛看護認定看護師  森谷 景子


 現在、がんの治療を受けながら生活している人の数は増えています。がんの治療の過程では、身体だけでなく、様々な痛みを経験します。痛みは、治療を継続していく事が困難となるばかりでなく、寝ること、食べることなど、日常生活を快適に送る事さえも困難にします。痛みの緩和のゴールは、患者さんによって様々です。患者さん1人ひとりに合った痛みのコントロールができるように、患者さんやご家族と向き合い、他の看護師と共に悩みながら疼痛緩和ケアを提供しています。

がん性疼痛看護認定看護師  鶴見 志奈子

このページの先頭へ

集中ケア認定看護師

 私は現在、西病棟3階に所属し、主に大きな手術や急激な病状変化により集中治療が必要となった患者さんの看護にあたっています。
 重症な患者さんに対し、さらなる重篤化を回避し、早期回復に向けたより良い看護ケアが提供できるようスタッフと共に考え、実践しています。また、集中治療を受けられる患者さんのご家族もまた精神的な危機状態にあるため、ご家族にも適切な援助がおこなえるよう日々努めています。
 院内活動としては、呼吸ケアサポートチーム(RST)の一員として医師・理学療法士・臨床工学技士等と協働し、院内の人工呼吸器装着患者さんの安全管理と人工呼吸器からの早期離脱を目標にした週に一度のラウンドを実施しています。

集中ケア認定看護師  三浦 敦子

このページの先頭へ

救急看護認定看護師

 私は、救急外来センターに勤務しております。救急外来は、痛みや不安を抱えた方、生命の危機に直面した重篤な方など様々な患者さんが受診されます。救急看護認定看護師として、患者さんだけでなく、ご家族の方にも安心して受診できるように看護を提供させていただきます。そのためにも、看護師の救急看護技術の向上に取り組みたいと考えています。
 また、災害発生時に救急外来は重症患者さんを受け入れる場所となっている為、スタッフ養成にも私自身が中心となって取り組み、医師や他の医療スタッフとの協力体制を整えていきたいと考えています。
 よろしくお願いします。

救急看護認定看護師  杉浦 淳平


 救急看護の特徴は、年齢や性別、時間や場所を問わず緊急度が高い患者が対象になります。突然の出来事で動揺している患者さんや御家族の精神的サポートができるように関わっていきます。
 救急看護認定看護師の役割には院内トリアージ、急変時の対応、災害看護などがあります。院内トリアージとは救急外来を受診した患者に詳しい問診を行い、緊急性のある患者さんを速やかに診察ができるようにすることです。トリアージを行うことは待合室で診察を待っている患者さんの状態の悪化をなくすことにつながります。そのために認定看護師としてトリアージの質の向上やトリアージナースの教育を充実させていきたいと思っています。
 よろしくお願いします。

救急看護認定看護師  小山 佐紀世

このページの先頭へ

がん化学療法看護認定看護師

 がん化学療法とは、抗がん剤をはじめとする薬物療法をいいます。抗がん剤治療を行う患者さんが、安全に、安心して治療が受けられるように支援したいと考えています。治療前には、患者さんが抗がん剤治療に対する心の準備ができるように、治療中は副作用症状をできるだけ緩和できるように働きかけていきたいと思います。
 また、病棟ラウンドを通して、安全な抗がん剤の取り扱いや投与管理、副作用の対応など、看護スタッフの相談にも応じています。
患者さんが少しでも楽に治療が受けられるように、患者さんとその家族、看護スタッフを支えていきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師  小松 景子


 がん化学療法看護では、患者さんが、抗がん剤治療を受けることが選択肢となった時から、治療期、その後の経過観察の時期の看護を行っています。
 私たちの役割は、治療を前向きに受けることができるように患者さんに関わることです。そして患者さんが安全に治療を受けるために投与管理を行い、副作用に対しての個別的な症状マネジメント、患者教育などを行います。また毒性の強い薬物を取り扱うため、看護師にも危険性があることから、スタッフに対しても安全な取り扱いができるように相談・指導を行っています。
 辛い副作用を伴う抗がん剤治療を受ける患者さんの苦痛を少しでも緩和できるように、活動をしていきたいと思っています。

がん化学療法看護認定看護師  佐藤 美弥

このページの先頭へ

新生児集中ケア認定看護師

 私は、新生児医療センターで勤務しております。
 新生児集中ケア認定看護師の役割は、予定日より早く生まれたお子さんや生まれた後に調子が悪くなったお子さんなど、様々な原因で新生児医療センターへ入院するお子さんの状態が安定するようにお世話をさせて頂くことです。
 特に、入院して間もない小さなお子さんの体温や呼吸を細やかに管理し、治療が安全に行われるように、ひとり一人に合ったケアを取り入れお世話をさせて頂いています。
 また、お子さんの入院で不安を抱いているご家族の精神的サポートやご家族に合わせた育児支援をさせて頂き、共にお子さんの成長を支えていきたいと思っております。

新生児集中ケア認定看護師  須貝 涼子

このページの先頭へ

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

 私は病棟に勤務し、脳梗塞や脳出血で治療やリハビリを行っている患者さんの看護を行っています。
 脳卒中リハビリテーション看護の役割は、脳や身体の障害を最小限に抑えることによって、順調に回復期へと移行し患者様の日常生活と社会復帰を支援することです。
 そして、脳卒中によって普段の生活に不自由を来してしまった患者さんが、不自由さと向き合いながらも、その人らしい生活を取りもどすための環境を整えていきたいと考えています。
 一人でも多くの患者さんが障害を乗り越え、新たな人生のスタートが切れるように「希望を支える看護」をしていきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  平井 あゆ

このページの先頭へ

認知症看護認定看護師

 超高齢社会を迎え、当院でも認知症のある患者さんの割合は年々高くなっているのが現状です。入院という環境の変化は、認知症のある患者さんにとって非日常的で混乱をまねくことは少なくありません。
 このような中で、生活の質・本人の尊厳を尊重して最善な医療が受けられ、その人らしく安心して療養生活が送れるように支援させていただくことが認知症看護の重要な役割です。医療スタッフだけでなく、地域の皆さんとも連携させていただきながら認知症ケアの向上に貢献できるように努力してまいります。
 よろしくお願いします。

認知症看護認定看護師  真木 和香子


 私は現在認知症サポートチームに所属し、認知症の症状で環境に慣れることが難しくなった患者さんの対応について、認知症サポートチームのメンバーとともに病棟でカンファレンスを行っています。
 認知症の患者さんは、症状が進むと本当に伝えたいことをうまく伝えることが難しくなります。患者さんをアセスメントし、真の困りごとを伝えるように心がけています。認知症ケアの推進に努め、認知症患者さんが住み慣れた元の生活に戻れるよう支援していきます。

認知症看護認定看護師  請井 綾子

このページの先頭へ

訪問看護認定看護師

 「市民病院って訪問看護やってるの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
当院では訪問看護を行う仕組みがまだ整っていません。
 現在、患者総合支援センター専従の退院調整看護師として入院患者さんが退院される時や外来の患者さんが通院困難となった場合に自分でよりよく、その人らしい生活が送れるための支援をさせて頂いています。
 今後は地域の訪問看護ステーションとの連携を深め、病院の看護師がそれぞれ患者さんの暮らしを見据えた看護が提供できることを目指していきたいと思います。
 患者さんのその人らしい療養生活を支えるために他職種と連携し、病院と地域を看護で繋いでいきたいと考えています。

訪問看護認定看護師  伊藤 惠子

このページの先頭へ

糖尿病看護認定看護師

 糖尿病は自覚症状に乏しく、気がついた時には神経・眼・腎臓・心臓・脳に大きな合併症を引き起こします。そのため自分自身で健康管理をする必要があります。糖尿病を持ちながら生活する患者さんの気持ちに寄り添いながら、その人らしく健やかな生活が送れるように支援することが、糖尿病看護認定看護師の役割です。糖尿病の治療である食事・運動・薬物療法は生活に密着しています。患者さん一人ひとりの思いを知り、生涯続く療養生活を患者さんと一緒に考えていきたいと思います。
 糖尿病は増加の一途をたどっています。合併症で苦しむ患者さんがひとりでも少なくなるように、糖尿病の治療に関わるスタッフと連携して支援していきたいと思っています。

糖尿病看護認定看護師  山口 三恵子

このページの先頭へ

透析看護認定看護師

 私は現在、救急外来センター・血液浄化センターに所属し、主に血液浄化療法と腹膜透析療法を受けている患者さんの看護に携わっています。
 透析看護認定看護師の役割は、透析療法を受ける方へ透析医療チームと協働し、安全で安楽な透析療法を提供できるようにすることです。長期にわたる療養生活を支援するため、透析療法を受ける人やその家族の方の生活スタイルに合わせたセルフケアと自己決定を支援していきます。透析療法を必要とする多くの方が、その人にとって最善の療法選択ができ、透析療法を受けながらその人らしく生活していくことができるように環境を整えていきたいと考えています。

透析看護認定看護師  青木 真理

このページの先頭へ

手術看護認定看護師

 当院の手術センターでは、新生児から高齢の患者さんまでと幅広く対応しています。中には、高血圧や糖尿病など様々な病気を抱えて手術を受けられる患者さんもいます。そのため、手術を受けられる患者さんとご家族が安心して手術に臨み、安全に手術を受けられるように支援し看護を提供することが手術室看護の役割です。
 私は、手術看護認定看護師として、手術前・手術中・手術後の患者さんと家族への看護提供ができるように、医師や看護職と連携を図り、手術や麻酔による身体への影響を最小限にするために、患者さんが安心して手術を受けられるような看護を提供したいと考えています。

手術看護認定看護師  鈴木 康代

このページの先頭へ

小児救急看護認定看護師

 小児救急看護認定看護師の役割は、子どもの発達段階に応じた的確なアセスメントを行い、トリアージや適切な看護を提供すること、子どもが主体的に治療や検査、処置を受けられるよう支援すること、子どもの安全と健やかな成長発達のために家族を含め支援していくことなどです。
 私は小児病棟に勤務し、小児救命処置やプレパレーション等の実践やスタッフへの指導を行っています。常に子どもの最善の利益とは何かを考え、子どもと家族が安心して入院生活を送れる環境を提供していきたいと思っています。

小児救急看護認定看護師  荒井 優子

このページの先頭へ

がん放射線療法看護認定看護師

E.suzuki_30.jpg

 がん放射線療法看護認定看護師は、放射線療法を受ける患者さんの不安に対し、治療方法や副作用の出現時期と対処方法について詳しく説明いたします。
 患者さんが安心して治療を継続できるように話しやすい雰囲気を心がけ、お話を聞きながら症状の変化を素早くキャッチし、一人ひとりの患者に応じた適切な看護を行えるよう全力でサポートしていきたいと思います。

がん放射線療法看護認定看護師  鈴木恵里

このページの先頭へ

乳がん看護認定看護師

 乳がん患者さんの数は年々増加しており、現在女性が罹るがんの第1位となっています。女性が乳がんに最も罹りやすい年齢は40歳後半から50歳代と言われており、多くの方が仕事や子育てなど多くの役割を抱えながら治療を行っています。さらに乳がんの治療は治療選択による意思決定を迫られることがあり、患者さんの多くが不安を抱えています。私は認定看護師として、患者さんが安心して治療や日々の生活を送ることができるように、他職種とも協働し、当院の乳がん看護の質の向上に貢献できるよう、尽力していきます。

乳がん看護認定看護師  三ツ矢まりこ

このページの先頭へ

心不全看護認定看護師

 心不全とは、様々な原因で心臓から十分な血液を送り出せなくなり、息切れ、倦怠感、食欲低下、むくみなどを引き起こす状態のことをいいます。心不全は一度症状が改善しても、お薬や生活の管理が不適切であれば繰り返し悪くなります。当院には様々な職種で構成された多職種心不全チームがあり、認定看護師として参加しています。患者さんが心不全と上手に付き合いながら望む生活が送れるように、多職種心不全チームで患者さんが抱える問題について検討し、入院から外来まで継続的に支援していきます。

心不全看護認定看護師  宮地さやか

このページの先頭へ

キャリアアップ・
新人研修