1. TOP
  2. ご利用案内
  3. 予約検査、健康診断・人間ドック、予防接種を受けられる方へ

予約検査、健康診断・人間ドック、予防接種を受けられる方へ

このページを印刷する

エックス線撮影を受けられる方へ

撮影部位周辺のプラスチック・金属類、湿布・カイロ等、外したりはがしたりできるものは、すべて取っていただきます。

  1. 頭部、頚椎、歯の撮影
    ヘアピン、ピアス、ネックレス、眼鏡、入れ歯、健康磁石、その他
  2. 胸部、腹部、背骨・肋骨の撮影
    ネックレス、へそピアス、健康磁石、湿布、カイロ、その他
  3. 腕、足などの撮影
    指輪、腕時計、湿布、その他
  4. マンモグラフィーの検査を受けられる方で、ペースメーカー、シリコン等が体内に入っている方は、担当技師に申し出てください。
  5. 妊娠中、または妊娠の可能性のある方は申し出てください。
  6. 不明な点がありましたら、担当技師に申し付けください。

CTスキャン検査を受けられる方へ

  1. 検査内容により食事制限があるものがあります。検査の説明書をご確認ください。食事制限がある方は検査予定時刻の3時間前より絶食となります。水分の制限はありません。
  2. 当日は再診受付を済ませた後、検査開始時刻の15分前には12番CT・MRI受付にお越しください。検査時間は15分から30分程度となります。
  3. 体内にペースメーカ・除細動器がある方、妊娠の可能性がある方、または授乳中の方は、検査を受けれない、または検査日を変更することがあります。必ず検査前に医師、検査担当者にお伝えください。
  4. 重症患者や装置の都合により予約時間を過ぎてお待たせすることがあります。あらかじめご了承ください。
  5. 予約日に都合で来院できない場合はお掛かりの診療科にご連絡をお願いします。

MRI検査を受けられる方へ

  1. 検査内容により食事制限があるものがあります。検査の説明書をご確認ください。食事制限がある方は検査予定時刻の3時間前より絶食となります。
  2. 化粧品がやけどや画像の乱れの原因になることがあります。特にマスカラなど金属成分が含まれるものは避けてください。検査室で落としていただくこともあります。
  3. 当日は再診受付を済ませた後、検査開始時刻の15分前には12番CT・MRI受付にお越しください。検査時間は30分程度となります。
  4. 検査前に金属類、貼り薬等をはずし、検査着に更衣していただきます。
  5. 体内に金属類(ペースメーカ、人工関節、ステントなど)がある方、妊娠の可能性がある方、授乳中の方、または狭い場所が苦手な方は検査を受けれない、または検査日を変更することがあります。必ず検査前に医師、検査担当者にお伝えください。
  6. 重症患者や装置の都合により予約時間を過ぎてお待たせすることがあります。あらかじめご了承ください。
  7. 予約日に都合で来院できない場合はお掛かりの診療科にご連絡をお願いします。

胃検査を受けられる方へ

  1. 胃の検査を受ける前日の夕食は、できるだけ消化のよい食事を午後7時までに済ませてください。前日夜10時以降は絶食でお願いします(水分のみ可)。
  2. 食事の注意として、消化の悪いものはやめてください。
    (例)貝類・海藻類・こんにゃく・焼きそばなど
  3. 検査当日7時以降は、絶飲食(飲まず食わず)にて「1階17番X線テレビ受付」へ、来院時に出力される外来パスポートを持参してお越しください。

アイソトープ検査を受けられる方へ

  1. 検査内容により、検査薬の体内臓器への集まり方が異なります。このため注射してから撮影までの、待ち時間が必要となる場合があります。また撮影は30分程度かかります。
    • 注射直後~30分で撮影するもの:脳、心臓、肝臓、腎機能など
    • 2~3時間待つもの:全身骨、腎臓、心臓2回目撮影など
    • 2~3日後で撮影するもの:ガリウムシンチなど
  2. 妊娠中や授乳中、妊婦の可能性のある方はあらかじめ申し出てください。
  3. 検査薬は、患者さんごとに予約日に取り寄せています。また、取り置きもできません。予約日時に都合で来院できない場合は電話番号0532-33-6111(内線1160)放射線科、又は(内線1261)アイソトープ検査室まで早めにご連絡をお願いします。

生理機能検査を受けられる方へ

心臓超音波検査

  1. 食事の影響はありません。予約時間までにお越しください。

トレッドミル

  1. ベルトの上を歩いていただく検査です。
  2. 空腹時、飲食直後は避けてください。

24時間血圧

  1. 腕にカフを巻いた状態で1日過ごしていただきます。
  2. 袖に余裕のある服装でお越しください。(ワンピースは不可)

サーモグラフィー

  1. 検査前4時間は、喫煙をご遠慮ください。
  2. 測定部位の化粧(マニュキア等)は、落としておいてください。

ヒスタミン吸入試験

  1. 医師の指示どおりに、お薬の服用をしてください。

聴性脳幹反応

  1. ベッドで横になり、音を聴きながら検査をします。
  2. 小児などで寝かす必要がある場合は、予約時間より30分前までに受診科へお越しください。

脳波

  1. 整髪料の使用は避けてください。
  2. 小児などで寝かす必要がある場合は、予約時間より30分前までに受診科へお越しください。
  3. その他、検査伝票をご参照ください。

ホルター心電図

  1. 24時間、心電図電極を付けたまま過ごしていただきます。
  2. お風呂には入れませんが、その他は通常の生活をしてください。
  3. その他、検査伝票をご参照ください。

エコー検査を受けられる方へ

腹部エコー検査

午前に検査を受ける方・・・検査前日午後10時以降は食事を摂らないでください。
午後に検査を受ける方・・・当日の朝食は午前8時までに済ませ、昼食を食べずにお越しください。
水分について・・・少量の水、お茶は飲んでいただいて結構です。

造影エコー検査

当日の朝食は午前8時までに済ませ、昼食を食べずにお越しください。
水分について・・・少量の水、お茶は飲んでいただいて結構です。

乳腺エコー・甲状腺エコー検査

食事制限はありません。

人間ドックコースご案内

健康管理のために1年に1度は健康診断を受けましょう。

生活習慣病(成人病)の早期発見、早期治療、 予防のために、予防医療センター(健診センター)をご利用ください。

人間ドックの流れ
1. 予約
  • 予防医療センターへ来院または、電話でお申し込みください。
    電話 0532-33-6271(直通)
2. 書類送付
  • 受診日の約2週間前までに、必要な書類を送付します。
    (案内票・問診票・検査に必要な書類・採便容器など)
3. 受診前日
  • 前日の便を採取してください。
  • 夕食は夜10時までに済ませてください。夜10時以降は水分(水・お茶)のみ可能です。
4. 受診当日
  • 当日の便を採取してください。
  • 朝食は食べないでください。
  • 水分(水、お茶)は当日朝7時まで可能です。その後は飲食せずにお越しください。
  • 検査の初めに検尿を行いますので、尿が採れる状態でお越しください。
5. 健診
  • 午前8時から受付を行っております。
    案内票に記載されている時間までにお越しください。
  • カルテ表紙に記載されている検査項目を実施いたします。
    (検査は空いている箇所から行いますので、順不同となります。)
6. 結果判定
  • 健診システムにて自動判定後、予防医療センター専任医師により受診者個々に応じた診断・判定になるように努めております。
7. 結果郵送または結果説明
  • 受診から約2週間(乳・子宮がん検診も合わせて受診の方は3週間)後、ご指定いただいた住所へ郵送をいたします。
  • 結果説明を希望された方(健保組合により結果説明をご利用いただけない方もあります。ご承知ください。)は、予約された時間にお越しください。
8. 二次検査
  • 健康診断結果表の判定が「4 治療を必要とします」「5 精密検査を必要とします」で当院での受診・検査を希望された方の予約をお取りいたします。

*当院は地域の基幹病院として、高度・特殊・救急医療などを提供しております。そのため、検査・受診の予約を希望される方全員をお受けできない場合がございます。ご理解をお願いいたします。

人間ドック検査項目について

検査項目 内容・発見できる主な病気 二日ドック 日帰りドック
男性 女性 胃透視一般 胃透視超音波 内視鏡
料金(税込) 51,620円 64,800円 20,520円 35,530円 34,880円
前立腺がん検査を含むコース 23,540円 38,440円 37,800円
乳・子宮がん検査を含むコース 30,130円 45,030円 44,380円
尿検査 尿を採取し、腎障害・尿路結石・糖尿病などについて検査します。
便潜血検査 便を採取し、ポリープ・大腸がんなどについて検査します。
身体計測 身長体重、腹囲などを測定しメタボリックシンドロームなどをチェックします。
血圧測定 高血圧などについて検査します。
糖負荷試験 採尿・採血を各4回ずつ採取し糖尿病について検査します。 × × ×
血液検査 血液を採取し生活習慣病・感染症・血液疾患などについて検査します。
視力検査 裸眼視力・矯正視力を測定します。
眼底・
眼圧検査
無散瞳カメラで撮影し、緑内障・白内障・眼底出血などについて検査します。
眼科診察 瞳孔を散瞳させ、眼科医が直接診察します。 × × ×
歯科診察 口腔粘膜の異常・歯周病・う蝕・顎関節の異常などについて口腔外科医が診察します。 × × ×
S状結腸
ファイバー
肛門からカメラを挿入し、ポリープや大腸がんなどについて検査します。 × × ×
内科診察 医師の問診、視・聴・打診などにより、基礎的なデータをチェックします。
心電図検査 不整脈・心筋梗塞・狭心症などについて検査します。
負荷心電図
検査
心臓に負荷をかけた状態で心電図検査をします。 × × ×
肺機能検査 肺気腫・気管支炎などについて検査します。 ×
聴力検査 1000Hz、4000Hzでの聴力を検査します。
胸部
レントゲン
X線により肺がん・肺結核などについて検査します。
腹部超音波 超音波により肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓などについて検査します。 ×
胃部
レントゲン
X線により胃がん・胃潰瘍などについて検査します。 ×
胃カメラ カメラにより胃がん・胃潰瘍などについて検査します。(経口法で実施しています。) × ×
子宮がん検査
(女性)
子宮がんなどについて検査します。 × 頚がん
体がん
マンモグラフィー(女性) 乳房を挟み薄く伸ばしてレントゲンを撮ることにより、腫瘤・石灰化などを検査します。 ×
骨塩定量検査
(女性)
X線を用いて、骨粗鬆症の検査をします。 × × × ×
前立腺
特異抗原
(PSA)
前立腺がんについて、血液検査します。(50歳以上の男性にお勧めします) ×

△はどちらか選択
○は子宮頚がん検査を予約希望された方のみ
□は前立腺がん検査を含むコースを選択された方のみ
ここに示す料金は、平成26年4月1日以降のものです。

前立腺特異抗原(PSA)検査について
  • 前立腺特異抗原(PSA)は、簡単な血液検査で前立腺がんを発見できます。
  • 50歳を超えたら、年に一度は検査をお勧めします。
前立腺特異抗原(PSA) 血液検査による、前立腺がんの検査方法。
精度が高く、早期発見される患者さんが増えています。
前立腺がん 男性特有の臓器「前立腺」にできるがんです。
特に50代以降の方に多い病気で、初期にはほとんど症状がありません。

オプションについて

検査項目 内容発見できる主な病気 料金 備考
胸部CT コンピュター断層撮影により、肺の小さい病変を検出します。 16,630円 二日ドック精密コースのみ追加可能です。
内臓脂肪
測定検査
お腹と手足にパッドをつけて、内臓脂肪面積を測定します。
(X線CTとは異なり、被ばくの心配はありません。)
2,160円 人間ドックの全てのコースに追加可能です。
当日申し込みで可能です。

※人間ドック検査項目について・オプション
について(PDF/83KB)

申し込みの方法

個人の方
  1. 予防医療センターへ来院または、電話(0532-33-6271)でお申し込みください。
    *当市民病院の診察券がある方は、登録番号をお知らせください。
  2. 希望コース・希望日をお知らせください。
協会けんぽの方
  1. 予防医療センターへ来院または、電話(0532-33-6271)でお申し込みください。
  2. 希望人数をお知らせください。
  3. 全国健康保険協会から届いている申込書へ必要事項を記入のうえ、予防医療センターへFAX(0532-33-6176)してください。
  4. 予防医療センター担当者より、折り返しご連絡し、日程の調整をいたします。
特定健康診査受診券(豊橋市から配付された物)を使用される方
  1. 予防医療センターへ来院または、電話(0532-33-6271)でお申し込みください。
    *当市民病院の診察券がある方は、登録番号をお知らせください。
    *受診券をお手元にご用意ください。受診券整理番号をお聞きします。
  2. 希望コース・希望日(受診券の有効期限内まで)をお知らせください。
    *申し込みは有効期限の2週間前までにお願いします。
企業・団体の方
  1. 予防医療センターへ 電話(0532-33-6271)でお申し込みください。
  2. 希望コース・希望人数・請求先をお知らせください。

よくあるご質問

Q1.健診のコースが複数ありますが、何を基準に決めればいいですか?
(1)2日ドック、日帰りドック
(2)胃カメラ、胃バリウム
まず(1)、(2)をお決めいただき、「健診コース・検査項目について」をご覧ください。
その他何かありましたら、予防医療センター 電話(0532-33-6271)にご相談ください。
Q2.胃カメラと胃バリウムはどちらを選択すればいいですか?
胃バリウムは、腸閉塞を繰り返したり、頑固な便秘のかたには検査ができない場合がありますので、胃カメラをお勧めしています。
その他何かありましたら、予防医療センター 電話(0532-33-6271)にご相談ください。
Q3.鼻からの胃カメラは行っていますか?
当院の健診では行っておりません。
Q4.採便が前日と当日に採れない場合はどうしますか?
前々日までの採便なら可能です。
どうしても採便できない場合は、健診受診1週間後までであれば、可能です。
検査終了後受付にてご相談ください。
Q5.前日の食事と水分摂取は何時までいいですか?
食事は、夜10時まで可能です。
水分(水・お茶)は、当日朝7時まで可能です。
Q6.健診当日予防医療センターには直接行けばいいですか?
直接2階予防医療センターまでお越しください。
*当院の外来を受診するときは再診機を通ります。
Q7.健診当日予防医療センターは何時から開いていますか?
午前8時から受付を開始しております。
Q8.健診は何時ごろ終わりますか?
2日ドックは1日目14時半頃、2日目は10時半頃終了となる予定です。

日帰りドックで胃バリウムを選択されたかたの所要時間は約2時間、胃カメラを選択されたかたは約3時間、乳がん子宮がんを同時受診されるかたは午前12時頃終了となる予定です。
*検査室にて患者さまの状態により、順番が前後することがあります。上記時間はあくまでも目安ですので、ご理解お願いいたします。
Q9.健診後はすぐに食事が出来ますか?
胃バリウムを選択されたかたは、検査に伴う腹部症状等がなければすぐに食事可能です。
胃カメラを選択されたかたは、検査終了後医師から指示がありますが、1時間半前後、生検(組織を採る検査)をされた場合は2時間前後食事ができません。
*そのため、昼食が遅くなることが予想されますので、ご理解をお願いいたします。
Q10.胃バリウムの後下剤はすぐに飲みますか?
早めに飲まれることをお勧めします。
水分を一気に飲まずに、少しずつ様子をみながら、普段より多めにおとりください。
Q11.下剤内服後便が出ませんが大丈夫ですか?
水分を多めにとり様子をみてください。
バリウムは、排泄されず長時間腸内に残っているとだんだん硬くなり、より排泄しにくくなります。
便意を感じなくても、定期的にトイレに行くように心がけてください。
*2~3日経過してもバリウム(白い便)が排泄されない場合は、早めに医療機関にご相談ください。
Q12.生理中ですが健診はできますか?
尿検査、子宮がん検診は行うことができません。
生理中の採便もさけてください。
Q13.妊娠中・妊娠の可能性がありますが健診はできますか?
胸部レントゲン、胃カメラ・胃バリウム、乳・子宮がん検診は行うことができません。
Q14.授乳中ですがマンモグラフィー検査はできますか?
行うことができない方もみえますので、予防医療センター 電話(0532-33-6271)にご相談ください。
Q15.心臓にペースメーカーが入っていますが健診はできますか?
健診は可能です。問診票の既往歴の欄に、その旨の記載をお願いいたします。
Q16.会計はどのように行いますか?
直接、自動精算機でのお支払いになります。
Q17.レントゲン写真や腹部エコーなどの検査結果用紙は希望すればもらえますか?
可能ですが、別途費用をいただきます。
準備などのため、早めに受付にお申し出ください。
Q18.健診項目を一部キャンセルすることはできますか?
可能ですが、健診費用は変わりません。

脳ドック

脳ドックとは

かつて我国の死亡原因の第1位であった脳卒中は、近年、医学の著しい進歩により悪性新生物についで、第3位となりました。しかし依然としてその発生頻度は高く、社会の高齢化とともにますます増加する傾向にあります。脳卒中は一旦起きると、時には生命さえ奪いますし、たとえ治っても精神障害や、手足の麻痺等の重大な後遺症を残す場合が多く、社会生活上でも家庭生活上でもその人の人生の大きな障害を残します。
そのため

  • 脳動脈瘤
  • 頚部内頚動脈や頭蓋内の太い脳動脈閉塞
  • 脳腫瘍
  • 血管腫

などの脳に関係した病気の早期発見を行うものです。

健診の流れ
1. 予約
  • 予防医療センターへ来院または、電話でお申し込みください。
    電話 0532-33-6271(直通)
2. 検査説明
  • MRI検査は、強い磁力と電波を使用する検査です。そのため検査を安全に受けていただくために、事前に医師による問診と説明後、同意書へのサインが必要になります。
3. 書類送付
  • 受診日の約2週間前までに、必要な書類を送付します。
     (案内票・問診票・検査に必要な書類など)
4. 健診
  • 午前8時から受付を行っております。
    案内票に記載されている時間にお越しください。
  • カルテ表紙に記載されている検査項目を実施いたします。
5. 結果説明
  • 後日、脳外科外来にて、脳外科医師より診察・結果説明があります。
     (*検査から1週間後の午後)
6. 二次検査
  • 結果説明終了時、脳外科医師より「精密検査」を勧められ、当院での受診・検査を希望された方の予約を脳外科が依頼にてお取りいたします。

*当院は地域の基幹病院として、高度・特殊・救急医療などを提供しております。そのため、検査・受診の予約を希望される方全員をお受けできない場合がございます。ご理解をお願いいたします。

7. 結果郵送
  • 脳外科外来受診後、ご指定いただいた住所へ郵送をいたします

脳ドック 健診コース・検査項目について

検査項目 内容・発見できる主な病気 Aコース Bコース Cコース
料金(税込) 21,270円 30,990円 34,770円
血圧測定 左右両方の血圧を測定し、動脈硬化や高血圧などを検査します。
問診及び
神経学的検査
検査から一週間後の結果説明時に行います。これにより重大な徴候を発見することがあります。
MRI断層撮影 核磁気共鳴装置により、無症候性脳梗塞・脳腫瘍などについて検査します。
MRI脳血管撮影
(MRA)
核磁気共鳴装置により、未破裂動脈瘤・脳血管の閉塞や狭窄などについて検査します。
頚部頚動脈
MR血管撮影
核磁気共鳴装置により、頚動脈分岐部の狭窄などについて検査します。
CT頭部撮影 コンピュータ断層撮影により頭蓋内の石灰化病変などを検査します。
頚部血管超音波検査 超音波により、脳梗塞の原因となり得る頚動脈のプラークや狭窄の程度などを検査します。
長谷川式簡易知能評価スケール
(50歳以上の希望者)
9項目の設問で構成された簡易知能評価スケールです。認知症の疑いを見ることができます。

ここに示す料金は、平成26年4月1日以降のものです。

よくあるご質問

Q1.心臓にペースメーカーが入っていますが検査はできますか?
MRI検査を行うことができません。
脳ドックはすべてのコースにMRI検査が含まれているため、受けていただくことができません。
Q2.以前手術を受けて体に金属があるのですが、検査はできますか?
体内・体外ともに金属がある場合は、主治医に検査が可能か確認をお願いします。
Q3.歯の治療でインプラントが入っているのですが、検査はできますか?
主治医に検査が可能か確認をお願いします。
Q4.狭いところが苦手(閉所恐怖症)ですが、検査はできますか?
検査はトンネル様の狭い場所で行うため、受けられない場合があります。
Q5.妊娠の可能性がありますが、検査はできますか?
可能性がある方、妊娠をしている方は検査時期をずらす必要があります。
Q6.じっとしていることが難しいですが、検査はできますか?
診断価値のある画像を得るため、検査中は安静を保つことが望まれます。
Q7.刺青がありますが、検査はできますか?
刺青、アート眉毛のある方は火傷を起こす可能性があるので行うことができません。

肺がん検診

肺がん検診とは

がんは日本の死亡原因の第1位です。その中でも肺がんは死亡原因の1位となっています。

早期の肺がんは無症状のため、病気が進行してから見つかることが多いです。早期の段階で発見・治療されれば5年生存率は70%近くあります。しかし進行してしまってからでは5年生存率はわずか20%以下です。このことよりも、早期に発見することの必要性が強く感じられます。

当院に導入されている高速らせんCTは、撮影しながらテーブルを移動するため、撮影の切れ目がなく、肺野の小さい病変を検出しやすくなります。

自覚症状のない時点での、病気の早期発見と適切な治療が必要となります。一度は肺がん検診を受けられることをお勧めします。

健診の流れ
1. 予約
  • 予防医療センターへ来院または、電話でお申し込みください。
     電話 0532-33-6271(直通)
2. 書類送付
  • 受診日の約2週間前までに、必要な書類を送付します。
     (案内票・問診票・検査に必要な書類・など)
3. 受診当日
  • 午後1時30分から予防医療センター医師から問診があります。
  • 胸部レントゲン、胸部CTの検査があります。
4. 結果説明
または結果説明
  • 受診2週間後、ご指定いただいた住所へ郵送をいたします。
  • 結果説明を希望された方は、予約された時間にお越しください。
5. 二次検査
    • 健康診断結果表の判定が「4 治療を必要とします」「5 精密検査を必要とします」で当院での受診・検査を希望された方の予約をお取りいたします。

*当院は地域の基幹病院として、高度・特殊・救急医療などを提供しております。そのため、検査・受診の予約を希望される方全員をお受けできない場合がございます。ご理解をお願いいたします。

肺がん検診検査項目について

検査項目 内容・発見できる主な病気
料金(税込) 28,180円
問診 既往歴・喫煙歴を確認します。
喀痰細胞診 3日分の検体(痰)を採取し、がん細胞の鑑別をします。
胸部レントゲン X線により肺がん・肺結核などについて検査します。
高速らせんCT コンピュータ断層撮影により、肺野の小さい病変を検出します。

ここに示す料金は、平成26年4月1日以降のものです。

よくあるご質問

Q1.痰が出ないのですがキャンセルはできますか?
キャンセルは可能です。(料金は変わりません)
胸部レントゲンと胸部CTで判定させていただきます。

女性ドック

女性ドックとは

日本において死亡原因の第1位はがんであり、早期発見・早期治療が最も大切なことはよく知られた事実です。

産婦人科領域において子宮頸がんは近年減少傾向にありますが、若年層では増加しております。子宮内膜がんや卵巣がんは、食生活の欧米化の影響もあり、明らかに増加しています。とくに卵巣がんは自覚症状の乏しく、発見されたときには、すでにお腹の中ががんだらけということがよくあります。しかし、早期段階での治癒率は高いため自覚症状がない段階での早期発見が重要となります。

乳がんは増加の一途をたどり、日本人女性がかかるがんのなかで、一番多いがんとなり比較的若い世代に多くなっております。乳がんは早期発見早期治療で95%以上の治癒率を得ることができます。このように社会や家庭で主役を演じている世代に多い病気でもあり、乳がん検診はますます重要なものになってきています。

快適な女性の一生を送るためにも、日頃より健康であるのかどうかということを定期的に検査しておくことは、大変重要なことであると考えます。是非一度女性ドックを受けられることをお勧めします。

健診の流れ
1. 予約
  • 予防医療センターへ来院または、電話でお申し込みください。
    電話 0532-33-6271(直通)
2. 書類送付
  • 受診日の約2週間前までに、必要な書類を送付します。
    (案内票・問診票・検査に必要な書類・など)
3. 健診
  • 午後1時15分から受付を行っております。
    案内票に記載されている時間までにお越しください。
  • カルテ表紙に記載されている検査項目を実施いたします。
  • 検査説明はCコースを選択された方が対象となります。
    MRI検査は、強い磁力と電波を使用する検査です。そのため検査を安全に受けていただくために、事前に医師による問診と説明後、同意書へのサインが必要になります。
4. 外科受診
  • B・Cコース(乳がん検診)を選択された方が対象となります。
    検診から1週間後以降の月・木曜日、外科外来にて、乳腺専門医より乳房視触診検査があります。
5. 結果郵送
  • 受診後、ご指定いただいた住所へ郵送をいたします。
6. 二次検査
    • 健康診断結果表の判定が「4 治療を必要とします」「5 精密検査を必要とします」で、当院での受診・検査を希望された方の予約をお取りいたします。

*当院は地域の基幹病院として、高度・特殊・救急医療などを提供しております。そのため、検査・受診の予約を希望される方全員をお受けできない場合がございます。よろしくご理解をお願いいたします。

女性ドック検診検査項目について

検査項目 内容・発見できる主な病気 A
コース
B
コース
C
コース
A+B
コース
A+C
コース
料金(税込) 18,460円 14,680円 38,120円 26,670円 53,670円
問診・内診 骨盤の中の状態を診察し、子宮・卵巣の大きさなどを検査します。
身体計測 身長体重、血圧などを測定します。
子宮膣部
内膜細胞診
子宮頸がんと子宮内膜がんを検査します。
子宮卵巣
超音波検査
経膣法のエコーにより、子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣腫瘍などについて検査します。
乳房超音波検査 超音波により、乳房内の腫瘤・乳管の拡張などを検査します。
マンモグラフィー 乳房を挟み薄く伸ばしてレントゲンを撮ることにより、腫瘤・石灰化などを検査します。
乳房MRI検査 造影剤を注射し、核磁気共鳴装置により乳房を検査します。超音波やマンモグラフィーより詳しい検査です。

ここに示す料金は、平成26年4月1日以降のものです。

よくあるご質問

Q1.心臓にペースメーカーが入っていますが検査はできますか?
申し訳ありませんが、行うことができません。
Q2.豊胸手術を受けたことがありますが、検査はできますか?
申し訳ありませんが、行うことができません。
Q3.透析中ですが、検査はできますか?
MRI検査時造影剤を使用しますので、Cコースのみ受診することができません。
Q4.気管支喘息がありますが、検査はできますか?
MRI検査時造影剤を使用しますので、Cコースのみ受診することができません。
Q5.以前手術を受けて体に金属があるのですが、検査はできますか?
体内・体外ともに金属がある場合は、主治医にMRI検査が可能か確認をお願いします。
Q6.狭いところが苦手(閉所恐怖症)ですが、検査はできますか?
MRI検査はトンネル様の狭い場所で行うため、Cコースを受診できない場合があります。
Q7.妊娠の可能性がありますが、検査はできますか?
可能性のある方、妊娠をしている方は検査をずらす必要があります。
Q8.授乳中ですが、検査はできますか?
当日授乳しなければ、検査は可能です。
Q9.じっとしていることが難しいですが、検査はできますか?
MRI検査では、診断価値のある画像を得るため、検査中は安静を保つことが望まれます。
Q10.刺青がありますが、検査はできますか?
MRI検査では刺青、アート眉毛のある方は火傷を起こす可能性があるので行うことができません。
Q11.生理中ですが検査はできますか?
Aコース、A+Bコース、A+Cコースの方は子宮膣部・内膜細胞診を行うことができません。検査をずらす必要があります。

その他健診(就職・進学・海外留学・免許取得・施設入所など)

健診の流れ
  • 1.予約
    • 予約制です。
      予防医療センター 電話(0532-33-6271)までお申し込みください。
      事前に検査項目内容を確認しますので、検査項目のわかるものをFAX又は持参してください。
    • 平日の午前11時までに予防医療センターへ到着をお願いします。
      8:30~10:00までは人間ドックの方で混み合っております。
      10:00~11:00までの来院をお勧めします。
    • 検査項目によっては早めにお越しいただく場合がございます。
      ご不明なことがありましたら、
      予防医療センター 電話(0532-33-6271)までお問い合わせください。
  • 2.受診当日
    • 規定の書式があれば健康診断書をご持参ください。
      (VISA取得等の診断書で所定の用紙に写真添付欄がある場合は、写真を添付してからご持参ください。)
    • 検査(尿糖)・空腹時血糖がある場合は、飲食せずにお越しください。
    • コンタクトレンズをご使用の方は、容器をご持参ください。
      また、必要に応じて保存液をご用意ください。
  • 3.結果
    • 受診後8日でお渡しできます。(祝日が入るときはお渡しが遅れます。)
      英文の場合や特殊な検査項目があるとき・介護の診断書は2週間以上かかります。
    • お渡しは予防医療センターにて、平日13時30分~16時30分になります。
      領収書をご持参ください。

よくあるご質問

Q1.どんな検査でも可能ですか?
検査できない項目もあります。予防医療センター 電話(0532-33-6271)までお問い合わせください。
Q2.1週間以内に診断書が欲しいのですが?
各科医師が判定するため、原則8日後のお渡しとなります。ご了承ください。

予防接種を受けられる方へ

予防接種について、予約制となっています。
詳しくは、下記電話番号にてお問い合わせください。

場所 予防医療センター(健診センター)(2階)
時間 毎月第1月曜日 午後1時30分から~
(ただし祝日の場合は第2月曜日)
予約方法 電話番号 0532-33-6271(※要予約)
注意事項 ※ 海外渡航のための予防接種証明は発行できません。
※ 成人、高校生以上の方が対象です。
※小児の方の予防接種については、基礎疾患があり、かかりつけ医より紹介状を持参された患者さまに限り小児科にて対応いたします。
種別
  • 三種混合ワクチン(DPT:ジフテリア+百日せき+破傷風)
  • 麻疹ワクチン
  • 風疹ワクチン
  • 水痘ワクチン
  • 耳下腺炎(おたふくかぜ)ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • ツベルクリン反応・BCG
  • 肺炎球菌ワクチン