1. TOP
  2. 医療従事者・学生の方へ
  3. 研修講習会

研修講習会

このページを印刷する

研修講習会

救急医学講座

研修医は研修開始時に以下の救急医学講座の受講が義務づけられます。
(教材:豊橋救急マニュアル)

講座名
  1. 循環器内科
  2. 糖尿病・内分泌内科

  3. 血液・腫瘍内科
  4. 一般外科(急性腹症)
  5. 呼吸器外科
  6. 心臓血管外科
  7. 整形外科
  8. 脳神経外科
  9. 小児科
  10. 小児科(虐待の対応)
  11. 産婦人科・周産期母子医療センター
  12. 耳鼻いんこう科
  13. 眼科
  14. 皮膚科
  15. 泌尿器科
  16. 麻酔科
  17. 救急科(JATC)
  18. 歯科・口腔外科
  19. 感染症管理センター(針刺し等の対応方法)
  20. 卒後臨床研修センター(死亡診断書の書き方)

基礎臨床講座

調整中

安全医療

研修医は医療安全を理解するために、院内で開催される以下の講習会を受講することが義務付けられています。

  1. 医療安全について
    • 4月研修開始前のオリエンテーションで実施。
  2. リスクマネジメント講習会(薬剤)
    • (1) 注射、処方について(年1回)
    • (2) 麻薬、抗がん剤について(年1回)
  3. リスクマネジメント講習会(医療機器)
    • (1) 人工呼吸器医療ガス(年1回)
    • (2) 電気設備・除細動器(年1回)
    • (3) 輸液ポンプ、シリンジポンプ(年1回)
  4. 医療安全講習会(年2回)

【関連講習会】
院内感染対策講習会(年2回)
情報セキュリティー研修会(年1回)

CPC

  1. 研修医は年8回実施するCPCに参加することが求められます。
  2. 院内で剖検が発生した場合には、昼夜を問わず名簿順に立ち会い、介助が求められます。
  3. CPCでの症例発表を担当医と行いレポート提出が求められます。これに基づきCPC記録集が編纂されます。

CPC風景

CVC挿入指導カリキュラム

研修医は、中心静脈カテーテル挿入マニュアルおよび院内感染症対策マニュアルに従い、CVC挿入指導カリキュラムを終えることが義務づけられています。

がん診療セミナー

研修医は院内で開催される地域連携フォーラム、がん診療フォーラムへの参加が望まれます。