1. TOP
  2. 医療従事者・学生の方へ
  3. 専攻医募集

専攻医募集

このページを印刷する

新専門医制度による専攻医募集について

院長挨拶

初期臨床研修でプライマリ・ケアと全人的医療に必要な診療に関する基本的な知識、技能および態度を習得した後は、希望する診療科に所属し専門教育を受けることになります。平成29年から導入が計画されている基本19領域の新専門医制度に対しては、各診療科とも十分対応しており、それぞれのプログラムに従って専攻医研修を行えば、専門医が取得できる体制を準備しています。さらに、本人の意欲があれば学会発表や論文投稿の機会も多く、病院はそのことを強力に後押しします。

 幅広く豊富な症例数があり、多くの指導医のもと基礎から最新の治療まで学ぶことができるので、意欲のある方であれば、専攻医研修の間に、サブスペシャリティへつながる専門スキルのトレーニングも積むことができるはずです。

 豊橋市民病院は、専門医としての技術を経験を修得するための環境が提供できます。多くの熱意のあるみなさんの応募をお待ちしております。

令和4年度4月採用者の募集要項を公開します。

様式形式サイズ
豊橋市民病院(専門研修プログラム)募集要項 PDF

163KB

申込書 PDF

74KB

専攻医(専門研修プログラム)履歴書 PDF

146KB

臨床研修評価表 PDF

74KB

お問い合わせは常時受け付けております。下記、専門医研修センターまでご連絡ください。

 

様式形式サイズ
豊橋市民病院 専門研修案内(紹介パンフレット) PDF

2.4MB

病院見学について

 当院への見学については随時受付を行っております。見学をご希望の方は下記までメールまたはお電話にてお問い合わせください。

見学申込先

豊橋市民病院 事務局管理課 専門医研修センター
E-mail:senmon-i@toyohashi-mh.jp
TEL:0532-33-6330 / FAX:0532-33-6177

見学申し込みの際、(1)~(10)についてお知らせください。

⑴ 氏名(フリガナ)

⑵ 性別

⑶ 年齢

⑷ 初期研修先病院

⑸ 見学希望日(土日祝をのぞく、第2希望までご提示ください)

⑹ 見学希望診療科

⑺ ご連絡先(アドレス・携帯番号)

⑻ 出身大学

⑼ 出身高校

⑽ 当院のプログラムを何でお知りになりましたか? 

豊橋市民病院が基幹施設となる専門領域

内科
外科
小児科
産婦人科

豊橋市民病院が他院の連携施設となっている専門領域

領域基幹施設プログラム名(詳細は基幹施設にご確認下さい)
整 形 外 科 名古屋大学医学部附属病院 名整会整形外科専門研修プログラム
脳神経外科 名古屋大学医学部附属病院 名古屋大学医学部脳神経外科研修プログラム
耳鼻いんこう科 名古屋市立大学病院 名古屋市立大学耳鼻咽喉科専門研修プログラム
眼   科 名古屋大学医学部附属病院 名古屋大学眼科研修プログラム
皮 膚 科 名古屋大学医学部附属病院 名古屋大学医学部皮膚科研修プログラム
泌 尿 器 科 名古屋大学医学部附属病院 名古屋大学医学部泌尿器科研修プログラム
放 射 線 科 名古屋大学医学部附属病院 名古屋大学医学部附属病院放射線科専門研修プログラム
麻 酔 科 名古屋大学医学部附属病院 名古屋大学医学部附属病院麻酔科専門医研修プログラム
病   理 名古屋大学医学部附属病院
浜松医科大学医学部附属病院
名古屋大学医学部病理専門研修プログラム
静岡県・浜松医科大学 病理専門研修プログラム
救   急 名古屋大学医学部附属病院 救急科専門医養成推進コース:救急外来診療と集中治療管理の専門医育成コース
総 合 診 療 名古屋大学医学部附属病院
新城市民病院
名古屋大学医学部附属病院総合診療専門医養成プログラム
愛知県東三河総合診療科専門研修プログラム