1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 外傷・マイクロサージャリーセンター

外傷・マイクロサージャリーセンター

このページを印刷する

スタッフ

代 表

三矢 聡(整形外科副部長兼任)

武田 真輔(整形外科副部長兼任)

外傷・マイクロサージャリーセンターとは

当院は三次救急の救命救急センターを有しており、重症外傷患者の受け入れを行っています。外傷・マイクロサージャリーセンターでは、整形外科分野の四肢、骨盤などの外傷の専門的な治療を行います。

当センターでは、一般的な骨折の治療から、マイクロサージャリー技術による切断された四肢の再接着術、高度な手部外傷の治療、軟部組織欠損に対する皮弁形成術、重症の骨折や難治性骨折に対する内固定術やイリザロフ法を含む創外固定術での骨接合術や骨延長術、骨盤輪骨折や寛骨臼骨折に対して内固定術といった、東海地区では数少ない高度な治療を行っています。

マイクロサージャリーとは肉眼では操作困難な血管や神経などを顕微鏡下に操作し修復する技術を言います。対応できる施設・医師が限られおり、当センターではこのマイクロサージャリーを駆使した最先端の治療を行っています。

主な対象疾患

四肢切断 血管損傷 神経損傷 腱損傷

血管損傷・神経損傷・腱損傷に対して顕微鏡を使用したマイクロサージャリーで修復術を行っています。切断指に対してマイクロサージャリーを用いて直径1mm以下の血管や神経を吻合することで再接着術を行っています。挫滅損傷や組織欠損に対して遊離組織移植などを行っています。軟部組織欠損に対して陰圧閉鎖療法や皮膚移植術を行っています。

四肢の骨折 難治性骨折 開放骨折

四肢の骨折の治療を行っています。転位の少ない骨折に対してはギプスや装具などの保存療法を行い、転位の大きい骨折に対しては手術による内固定術や創外固定術を行います。関節内骨折に対して高い精度で整復固定を行います。

開放骨折に対しては初期に創外固定を行い、状態が改善した後に内固定術もしくは創外固定術で治療を行います。軟部組織欠損や骨欠損に対してイリザロフ創外固定器を使用して修復術や骨延長術などを行っています。

骨盤輪骨折 寛骨臼骨折

骨盤輪骨折や股関節の寛骨臼骨折に対して専門的に治療を行っています。転位が大きく重傷な骨盤骨折に対して内固定術を行い、骨盤機能や股関節機能の修復を行います。股関節の高度破壊に対しては人工関節置換術で再建を行います。