1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 小児外科

小児外科

このページを印刷する

スタッフ

非常勤医師 名古屋大学小児外科より派遣の代務医師
週2日(水、金)外来

外来担当表

第1診察室午前
午後 住田 大島

主な対象疾患

新生児外科疾患

  • 鎖肛
  • ヒルシュスプルング病
  • 横隔膜ヘルニア
  • 腸閉鎖
  • 腸回転異常
  • 十二指腸閉鎖
  • 肥厚性幽門狭窄症
  • 臍帯ヘルニア
  • 食道閉鎖
  • 腹壁破裂など

乳児幼児外科疾患

  • 胆道閉鎖症
  • 小児癌
  • 胆道拡張症
  • 腸重積など

日常的小児外科疾患

  • そけいヘルニア
  • 停留精巣
  • 陰のう水腫
  • 臍ヘルニアなど

特色

新生児外科診療

あらゆる新生児外科疾患に対応しています。

出生前診断がなされた症例では産科医、新生児科医と合同でカンファレンスを開き、適切で円滑な治療が行われるよう努めています。
治療は新生児専門医の完全なバックアップ体制のもとに行われています。

ヒルシュスプルング病に対しては乳児期早期に、経肛門的に手術を行っています。

フロア案内

フロア案内画像