1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 総合生殖医療センター

総合生殖医療センター

このページを印刷する

スタッフ

センター長 安藤寿夫(産婦人科(生殖医療)第一部長兼任)

産婦人科医師(生殖医療専門医を含む)、認定不妊カウンセラー、認定体外受精コーディネーター、認定胚培養士などの専門職が、全国屈指の規模を有する総合病院の組織と有機的に連携して診療にあたっています。

総合生殖医療センターとは

当院では、病院が青竹町地内に移転した1996年(平成8年)より東三河地方初の体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)・凍結技術を含む高度な生殖医療(生殖補助医療:ART)がスタートし、施行件数(周期数)は累積で3,000件を超えています。
1999年(平成11年)4月1日には、ARTなどの専門化された不妊治療を行う不妊センターが設置されました。その後も不妊センターは妊娠をめざして子宮や卵巣の正常組織を温存する生殖外科とよばれるような分野の治療も充実させながら、持続的に発展を遂げました。
2007年(平成19年)4月1日、不妊センターは装いを新たにし、1つの技術に頼らず健全な妊娠・分娩・生命の誕生をめざして様々な高度の生殖医療を統合的に提供するという意味も含め、総合生殖医療センターとなりました。

主な対象疾患

  • 不妊症全般
  • 卵管性不妊症
  • 男性不妊症
  • 卵巣性不妊症
  • 子宮性不妊症
  • 機能性(原因不明)不妊症
  • 習慣流産
  • 排卵障害
  • 黄体機能不全
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 子宮腺筋症
  • 卵巣腫瘍(良性)
  • 月経不順

上記の疾患により、将来妊娠できるか心配という未婚女性も対象としています。
なお、上記の疾患でも悪性かどうか心配、無事に出産できるか心配という場合は産婦人科を受診してください。

当院以外で治療を受けられている患者さんのためのセカンドオピニオンについては、別項をご覧下さい。

特色

当センターでは、多岐にわたり発展を続ける生殖医療のどの領域においても世界主要都市で受けられるレベルと同等以上の、一部においては世界最先端の医療が受けられるよう、日々研鑽を積みつつ若手産婦人科医師をはじめとしたスタッフの育成も精力的に行っています。

不妊治療のゴールは健全な育児の開始です。これは、現センター部長が名大の不妊グループのリーダーだった2002年に最初に提唱したフレーズです。誰しも妊娠したからといって無条件で幸福が得られるわけではありませんが、目的のためには手段を選ばずというような不妊治療では、妊娠率は高くなっても不幸な結果を招くこともしばしばです。当院では、子供を持つ夢が健全に叶えられるよう、「最適のプラニングで最良の治療を提供する」をモットーとしており、このようなテーラーメイド生殖医療の総合力を高めるよう、生殖補助医療(ART,高度生殖医療)を中心に、生殖外科治療、不妊カウンセリングケアの充実に努めています。周産期や悪性腫瘍が専門の産婦人科医師や他科医師と連携し、総合病院の特長を生かしています。

ARTにおいては、10種類以上の卵巣刺激プロトコールから最適な方法を選んで良質な卵子を採卵することに力を入れ、採卵・胚移植は医療安全性の高い中央手術室で行っています。隣接のラボにおいて、2007年に世界初の完全臨床応用を開始した顕微鏡内蔵型受精卵動画記録培養装置(タイムラプスインキュベーター)は、培養中の全ての受精卵の顕微鏡写真をコンピューター制御で次々に自動撮影し、10分毎に撮影されたコマ取りの写真をつなぎ合わせて動画で発育を評価する方法で、当院の伝統的な胚凍結技術と連動して、妊娠率向上と多胎減少の更なる両立をめざしています。

体外受精・顕微授精予定の御夫婦を対象に、2・4・6・9・11月の第1水曜日午後3時~5時にARTクラス(体外受精説明会)を開催し、お渡しする資料やプレゼンテーションの充実に努めています。具体的な開催日については稀に変更もありますので外来受診時に待合室の掲示に注意して下さい。

子宮内膜症や子宮筋腫などの不妊関連疾患や月経不順に対しては、将来に向けて一貫した治療を行っていくべきという考え方により、未婚女性も含めて当センターの治療対象とし、内科的治療や生殖外科治療(腹腔鏡・子宮鏡・開腹)を単に行うだけでなく、総合的な生殖医療の中長期プラニングを提案しながらケアしています。

総合生殖医療センター所属の医師は、産婦人科医師全員が集まる毎週のミーティングや症例検討会にも参加しています。また、産婦人科当直も分担しています。産婦人科所属の医師もまた、総合生殖医療センターで行う治療に参加しています。これらの連携により、妊娠後の患者さんが当院に入院になった時にも、センターで行った生殖医療の情報が有効に活用されていきます。また、妊娠・分娩で母児がどうなったかという不妊治療の結果が詳細にフィードバックされ、治療の質的向上に役立っています。

治療実績

総合生殖医療センターの概要ページへ(別のページが開きます)

その他

初診は夫婦(カップル)での受診が必須です。
施設としての対応能力を超えた患者数で長期間推移しており、初診を希望される方にはいったん夫婦のいずれか(問診表に記載をお願いする関係上、なるべく奥様)に初診予約を取りに来院していただくことになります。
来院時に必要なものについてはこちらでご確認ください。

初診予約時にお渡しする案内を参考にご覧ください。
総合生殖医療センター初診受診予定の患者さんへ(PDF/121KB)

総合生殖医療センターニュースレター形式サイズ
ニュースレター創刊号(平成20年3月24日) PDF 202KB
Get AdobeReader

PDFファイルを閲覧・印刷するためにはAdobeReaderが必要です。

フロア案内

フロア案内画像