1. TOP
  2. 部門紹介
  3. リウマチ科

リウマチ科

このページを印刷する

スタッフ

平野 裕司

平野 裕司写真

職位 リウマチ科部長
出身大学 名古屋大学(H6卒)
学会資格・
教育等の資格

日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員
日本整形外科学会整形外科専門医
日本骨粗鬆症学会認定医
臨床研修指導医
日本リウマチ財団リウマチ登録医
日本臨床リウマチ学会評議員
中部リウマチ学会評議員

服部 恭典

職位 リウマチ科医員
出身大学 名古屋大学(H22卒)
学会資格

外来担当表

第2診察室午前 服部
午後 服部
第3診察室午前 平野 平野 平野
午後 平野 平野
第5診察室午前 服部 (第1・3)
大石
(第2・4・5)
山田
午後
第6診察室午前 平野 服部
午後 (第1.3.5)
服部
第7診察室午前 服部
午後

紹介状がなくてもできるだけ診察しますので、受付にてリウマチ科希望とお申し出ください。

主な対象疾患

  • 関節リウマチ
  • 変形性膝関節症
  • 骨粗しょう症
  • 強直性脊椎炎
  • 乾癬性関節炎
  • SAPHO症候群
  • リウマチ性多発筋痛症
  • RS3PE症候群
  • 原因不明の関節炎の診断

特色

当科は東三河地区で最も古く設立(平成10年)されたリウマチ科として現在まで診療を行っています。主にリウマチ性疾患を扱っております。リウマチ性疾患とは体のあちらこちらが痛くなる病気を指す医学用語です。当科では5つのメインテーマをもって診療しています。それは1. 関節炎の診断2. 関節リウマチの薬物治療3. 各種リウマチ性疾患(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群、SAPHO症候群)の診療4. 骨粗鬆症の最新薬物治療5. 関節リウマチの手術治療と変形性膝関節症の人工膝関節置換術の5つです。順にご紹介させていただきます。

関節炎の診断

関節炎とは関節に炎症と呼ばれる病変が起きることを指し、様々な原因で発症します。外傷や使いすぎで関節炎が起きることもありますが、我々リウマチ科が対象としているのは、主に免疫の異常より発症する関節炎で、多くは多発性であり、治療がされない場合は持続し、関節障害にいたります。したがって早期に適切に診断し、治療を行うことが将来の機能障害を防ぐ鍵でありますが、この関節炎を適切に診断するのは容易なことではありません。五十肩などで長期にわたり診療を受けていた方が実は関節リウマチであったとか、逆に関節リウマチとして治療されていた方が実は結核性関節炎であったなどという事例が存在いたします。関節リウマチといえば手の変形が有名ですが、足だけの関節リウマチの方もおられます。このように関節炎をきたす病気は多種多様であり、よく似通っており、個々の患者さんで個人差があるため、それらを区別する(鑑別診断)には(1)細心の診察、(2)必要十分な血液検査(炎症マーカー、リウマトイド因子、抗CCP抗体、関節炎マーカーMMP-3、抗核抗体)、(3)必要十分な画像検査(レントゲン、関節超音波検査、MRI)、(4)医師の経験、のすべてを駆使して診断することが必要です。当院リウマチ科医師は整形外科出身であり、多くの整形外科領域の関節痛を扱った経験がありますので、それらとリウマチ性疾患とを鑑別することを得意としております。医学の中で最も重要なことは診断であります。間違った診断で治療していても病気がよくならなかったり、また不要な治療を受けることになります。診断についてお悩みの方は是非リウマチ科までご相談ください。

関節リウマチの薬物治療

20年ほど前の関節リウマチの薬物治療では少数の弱い作用をもった抗リウマチ薬しかなく関節破壊を防ぐ手段がないために、苦し紛れの滑膜切除術や、破壊された関節に対する人工関節手術を来る日も来る日も行うというものでした。ステロイド剤は使用頻度が高く、副作用としての重篤な骨粗鬆症や、満月様顔貌、糖尿病、胃潰瘍、高血圧、感染症などに苦しむ患者さんが多くおられました。消炎鎮痛剤も常用している患者さんが多くみられ、副作用としての出血性胃潰瘍で血を吐いて救急外来に受診される患者様も散見されました。しかし現在では様変わりしています。経口抗リウマチ薬としてメトトレキサートの使用法が確立し、関節リウマチ発症早期からメトトレキサートを投与することが推奨されています。もしメトトレキサートで不十分な場合でも生物学的製剤を追加することで、劇的な効果が得られることがわかっています。生物学的製剤は10年ほど前から本邦でも臨床使用されており、当科は8種類が使用可能であります。投与法も点滴製剤と皮下注射製剤から選べますし、希望者には自己注射が可能な製剤もございますので、個々の患者さんのニーズに合った製剤を選ぶことができます。当科でもこれまで300名以上の投与実績がございます。また次世代の経口内服薬(JAK阻害剤)も当科では使用できます。このメトトレキサートと生物学的製剤を適切に使用することでステロイド剤や消炎鎮痛剤の使用率は減少しております。特にステロイド剤は使用ゼロを目標にしています。メトトレキサートと生物学的製剤を中心とした治療の最大の利点は関節破壊防止効果が優れていることであります。関節リウマチによる関節破壊は発症早期から急速に進行し、一回関節破壊が起こってしまうと、元に戻すのは困難となりますので、関節破壊ができるだけ少ないときにしっかりとした薬物治療を行う必要があります。関節破壊が進行しているかどうかはレントゲンを定期的に撮影して評価しなければわかりませんので、当科では1年に1回程度はレントゲンで評価をしています。痛みが比較的少なくても関節破壊のみ進行する場合もあり、レントゲンでの評価は必須であります。これらの治療を受けるには一定の条件が必要となります。一つは肺、腎臓、肝臓などの内臓に異常がないことであり、それらを十分に検査する必要があります。もう一つは、生物学的製剤は高価な薬剤であるため、金銭的余裕も必要になります。しかしそれらの条件にひっかかってしまう方であっても、内臓に負担の少ない抗リウマチ薬をうまく使用するとか、比較的安価な薬剤を組み合わせて使用するなどし、個々の患者さんに最善の関節リウマチ薬物治療を提供します。こういった患者さんについてはあえてステロイド剤を投与することもあります。また開発中の薬剤の臨床試験である治験も定期的に行っており、金銭的負担にお困りの方ではメリットもある方法でありますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。関節リウマチの薬物治療につきましては、豊富な経験がございますので、薬物治療についてお悩みの方は是非リウマチ科までご相談ください。

関節リウマチ性疾患の診療

関節リウマチ以外にもリウマチ性疾患は存在します。それらは比較的稀なものですが、したがって逆に当科の責任は大きいと考えています。順を追って説明いたします。これらの病気でお悩みの方や心配のある方は是非リウマチ科までご相談ください。

(1)強直性脊椎炎:
主に骨盤や脊椎に炎症が生じ、炎症部位が強直する(骨と骨がくっついてしまう)という特徴があります。痛みは運動で低下する傾向があるため、早期診断が困難で、かなり進行してから発見されることも多いです。HLA-B27という遺伝子と関連があります。関節リウマチが女性に多い疾患であるのと比較して、強直性脊椎炎は男性に好発します。最近では生物学的製剤が臨床で使用可能となっていますので、お困りの方はご相談ください。

(2)乾癬性関節炎:
乾癬という皮膚病に合併する関節炎で、進行すると関節破壊をきたします。関節リウマチに使用するような抗リウマチ薬や生物学的製剤による治療が可能な時代になりました。生物学的製剤は皮膚病変の改善効果も高いことが知られています。

(3)リウマチ性多発筋痛症:
高齢の女性に好発し、両肩周囲の疼痛とこわばり、発熱、などを特徴とします。炎症反応は通常高値ですがリウマチ反応は通常陰性です。最近では診断に関節エコーを用いています。診断されればステロイド治療の適応であり、通常では著効します。消炎鎮痛剤は通常無効ですので、できるだけ早くステロイド治療を行うことが症状改善のカギとなります。

(4)RS3PE症候群:
リウマチ性多発筋痛症と同様に高齢の女性に好発しますが、両手や両足の浮腫を特徴とします。治療はステロイド治療です。関節リウマチとの鑑別が重要です。

(5)SAPHO症候群:
掌蹠膿疱症という皮膚病に合併することがあり、鎖骨や脊椎や大腿骨に炎症を起こす病気です。疼痛は非常に強いことがあり、速やかな診断と治療を必要とします。

骨粗鬆症の最新薬物治療

骨粗鬆症はいわゆる骨がすかすかになる病気であり、ささいなけがで骨折を起こしたり、脊椎などでは外傷がなくても骨折を起こしたりします。我々のあつかっているリウマチ性疾患では骨粗鬆症を合併する頻度が高いことが知られています。かつては年をとれば骨はもろくなるのが普通であり、「仕方ない」の一言で片づけられていましたが、現在、この骨粗鬆症の薬物治療の現場に革新が起きつつあります。かつてはビタミン剤などしかなかった治療現場にビスフォスフォネート製剤、SERM製剤、PTH製剤、抗RANKL抗体などハイテクを駆使した多くの新規薬剤が次々と臨床使用可能になりました。これらを適切に使用すると確実に骨密度が上昇し、骨折の危険を下げることができます。最近では治療により年を取るごとに骨密度が増えている患者さんもおられます。当科では骨密度を半年~1年に1回は計測し、骨粗鬆症治療が効果を発揮しているか確認しながら治療を進め、もし効果が足りなければ薬剤を変更するなど、きめの細かい骨粗鬆症治療を行っています。関節リウマチと骨粗鬆症を合併している方、骨折を繰り返している方はぜひリウマチ科にご相談ください。

関節リウマチの手術治療と変形性膝関節症の人工膝関節置換術

関節リウマチの薬物治療が早期から上手に行われば関節破壊は可能な限り最小限となると考えますが、現在通院中の関節リウマチ患者さんの中には関節破壊でお困りの患者さんがたくさんお見えです。その理由としてはリウマチ病歴が長く発症した時期にはまだ有効な薬物治療がなかったため関節破壊が進行してしまった方が大半ですが、中には専門医受診でなかったためや、患者さん自身の薬物治療へのためらいにより適切な薬物治療が行われず関節破壊が進行してしまった患者さんもおられます。こうした患者さんに対しては人工関節置換術、関節固定術、関節形成術といった手術治療が有効です。現在膝関節、股関節、肩関節、肘関節の人工関節、足関節、指関節の関節固定術、手関節、足趾関節の関節形成術、手指伸筋腱の腱形成術を行っています。関節リウマチの薬物治療と手術治療を一つの科で行うことは患者さんにとっても、いくつもの科や病院に通院する必要がなく有意義であると考えています。関節リウマチの方で種々の手術を希望されている方は是非リウマチ科までご相談ください。
変形性膝関節症は高齢の女性に好発し、膝関節の軟骨のすり減りと骨棘とよばれる骨のとげをレントゲン所見における特徴とし、生活の大きな支障となります。軽症であれば、鎮痛剤の内服やシップなどの外用剤、温熱療法や運動療法などのリハビリテーション、ヒアルロン酸などの関節内注射、装具療法などで治療されることになります。また、体重の減量も疼痛の軽減に有効であることが知られています。これらについては、お近くの整形外科クリニックにおいてご相談されることをお勧めいたします。しかし重度の場合ではこれらの治療は無効であることが多く、その場合は当院のような総合病院における手術治療をお勧めいたします。通常よく行われる手術法は人工膝関節置換術と呼ばれるもので、膝関節を人工の関節に置換する手術であり、日本中あるいは世界中で広く行われている安定した成績が得られる手術法であります。一番のメリットは膝痛が非常によく改善することであります。関心のある方がおられましたら、是非リウマチ科にご相談ください。

現在実施中の臨床研究と治験について

臨床研究対象疾患登録状況備考
CHASE Study 関節リウマチ エントリー終了 なし
ALIBABA Study 関節リウマチ エントリー可 なし
T-ReX Study 関節リウマチ エントリー終了 なし
TBCR疫学研究 関節リウマチ エントリー可 PDF / 204KB
治験対象疾患登録状況備考
第Ⅲ相試験 関節リウマチ エントリー終了 なし
第Ⅱ相試験 関節リウマチ エントリー終了 なし

その他

年2回リウマチ講演会を当院講堂で行っています。詳細は「広報とよはし」をご覧になるか、当院まで電話でご相談ください。
リウマチ科診察希望の方は予約がなくても診察いたしますので、外来受付にてお申し出ください。

フロア案内

フロア案内画像