1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 臨床工学室

臨床工学室

このページを印刷する

臨床工学室とは

  • 臨床工学技士はコメディカル職種の一種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストとしてチーム医療に貢献しています。
  • 医師の指示の下に専門医療機器の操作を行っています。
  • ここで働く技士を『臨床工学技士』と呼びます。
  • 臨床工学技士はME(メディカルエンジニア)、CE(クリニカルエンジニア)とも呼ばれています。
  • 高精度で高額な医療機器の効率的運用を行い、安全かつ良好な状態での提供を行っています。
  • 医療機器の保守点検計画の策定と実施をしています。
  • 日々進歩する最新医療機器の知識と取り扱い方法や注意点について、技術習得ならびに必要スタッフへの院内講習会を行っています。
  • 多くの女性技士が幅広い分野で活躍しています。

特色

豊橋市民病院での臨床工学技士業務

安全で信頼出来る医療を目指して、24時間、休日、深夜を問わず対応をしています。

MEセンター業務

医療機器の貸出・返却
医療機器はMEセンターにて中央管理されており、すべての病棟への貸出・返却を管理しています。

貸出返却
貸出返却

医療機器保守点検
院内で保守点検を行うことで
維持費・修理費等のコストダウンに努めています。

医療機器保守点検

腹水濾過濃縮
難治性腹水患者さんに対しての腹水濾過濃縮を
行っています。

腹水濾過濃縮

人工呼吸器の回路組み立て、使用前点検

人工呼吸器使用前点検

人工呼吸器使用中の安全点検

人工呼吸器使用中点検

集中治療室及び新生児医療センターにおける急性期血液浄化

急性期血液浄化

生命維持管理装置使用時のサポート業務

心臓の弱った患者さんに対しての補助循環装置導入や管理のサポート

補助循環装置

手術室業務

以下の業務をはじめ、手術室に常時勤務し医療機器の管理や機器トラブルにも迅速に対応できる取り組みを行っています。

人工心肺
心臓手術時に無血視野を得るため、心臓・肺の代行装置である人工心肺操作

人工心肺の操作

自己血回収
自己血回収装置を用いた輸血量の軽減

自己血回収

ナビゲーション
ナビゲーションシステムを用いた脳外科手術支援

ナビゲーションシステム

ダヴィンチ
ロボット支援手術におけるダヴィンチセッティング

ダヴィンチセッティング
ダヴィンチセッティング

血液浄化センター

慢性腎不全患者さんに対しての血液透析
白血球除去療法や血漿交換などのアフェレーシス療法

血液透析中の管理

血液透析

シャント穿刺・抜針

シャント穿刺・抜針

水質管理

水質管理

医療機器安全講習会、新人看護教育プログラムへの参画

職員が安全に医療機器を取り扱えるよう、定期的に研修を行っています。

新人看護教育プログラム

チーム医療への参加

RST(呼吸ケアチーム)
医師や看護師達と共に、人工呼吸器を装着された患者さんの離脱に向けた適切な鎮静、リハビリテーション、合併症予防、質の高い安全な人工呼吸管理について取り組んでいます。

RSTと点検ラウンド

移植関連業務

末梢血幹細胞採取

末梢血幹細胞採取

骨髄濃縮

骨髄濃縮

腎移植時の移植腎保護

移植腎保護

ペースメーカ、ICD業務

ペースメーカ等の埋め込み患者さんの定期フォロー、電池交換、設定変更、新規埋め込みや、CT・MRI撮像時、放射線治療時の対応

プログラマ操作

医療用ガス配管、液化酸素ガスタンクの管理

臨床工学技士養成校の臨床実習指導

その他

その他、業務内容の詳細は病院年報をご参照ください。

病院年報アイコン

臨床工学室 認定資格専門資格取得状況

No.認定資格・専門資格認定団体
1 透析技術認定士 日本透析医学会
2 体外循環認定士 日本人工臓器学会
3 3学会合同呼吸療法認定士 日本胸部外科学会
日本呼吸器学会
日本麻酔科学会(3学会合同)
4 臨床ME専門認定士 日本医療機器学会
5 特定高圧ガス取扱主任者 高圧ガス保安協会
6 衛生管理者 愛知県労働局長

関連ホームページ

昨今の高度な医療技術の進歩に伴い、医療機器の高度化・複雑化が一層進むなか、社会は臨床工学技士の更なる活躍を求めています。

臨床工学技士について
愛知県臨床工学技士会のページへ(http://www.aice.gr.jp/)