1. TOP
  2. 部門紹介
  3. リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

このページを印刷する

スタッフ

センター長 石川知志(リハビリテーション科部長兼任)

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がいます。

リハビリテーションセンターとは

リハビリテーションセンターは以下の4つの部門より構成されます。

  • 診療部門
  • 理学療法部門
  • 作業療法部門
  • 言語聴覚療法部門

脳血管疾患等リハビリテーションⅠ、運動器リハビリテーションⅠ、呼吸器リハビリテーションⅠ、心大血管疾患リハビリテーションⅠ、がん患者リハビリテーション

全科から患者さまのリハビリテーション依頼を受けて機能回復、家庭復帰、社会復帰のお手伝いをしています。

診療部門

診療部門では、診察、リハビリテーション処方、電気刺激を用いた筋力強化等を行っています。

理学療法部門

理学療法の様子

理学療法部門では、中枢神経疾患、神経・筋疾患、整形外科疾患(スポーツ障害を含む)、小児疾患、一般外科(乳癌・開胸開腹術後)、呼吸器疾患、心臓疾患、廃用症候群などの機能回復訓練、呼吸リハビリテーションを急性期から行っています。医師と連携した綿密なリスク管理のもと急性期から理学療法を行うことにより、呼吸器合併症の予防や術後二次障害の予防、より効果的な機能回復を促すことが可能となります。
運動機能評価として、筋電図、筋力測定、心肺運動負荷試験なども行っています。

作業療法部門

作業療法の様子

作業療法部門は、食事、整容、更衣、排泄といった生活の中で行う動作の獲得や、家事動作、職業復帰ができるように訓練、援助を行います。

当院では急性期からの患者様が多く、対象疾患は主に脳血管障害、頭部外傷、脊髄損傷、関節リウマチ、手の外科疾患、発達障害です。

残存機能を生かし治療の一環として作業活動を取り入れています。

言語聴覚療法部門

言語聴覚療法の様子

言語聴覚療法部門で対象となるのは、脳血管障害や脳の外傷などが原因でコミュニケーションに障害を持つ患者さま(失語症や構音障害など)、ことばの発達に遅れのあるお子さまや口唇口蓋裂のお子さま等です。

また、食べ物や飲み物をうまく飲み込めない(摂食・嚥下障害)方々にも機能の回復を目的に訓練・指導を行っています。

当センターではチーム医療にも積極的に対応しており、以下のチームに参加しています。

  • 栄養サポートチーム(成人・小児NST)
  • 褥瘡対策チーム
  • NST嚥下チーム
  • 呼吸ケアチーム(RST)
  • 認知症サポートチーム(DST)

その他

当センター独自企画として、みんなの作品展(作業療法で作製した作品を正面玄関アトリウムにて展示会開催、文化の日の前週)を行っています。

地域病院間の連携をはかることを目的に豊橋リハビリテーション連絡会に参加しています。豊橋リハビリテーション連絡会は、参加施設数市内27施設を数え、リハビリテーション分野からの市民サービスの充実を図っています。

フロア案内

フロア案内画像