1. TOP
  2. 部門紹介
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

このページを印刷する

スタッフ

石川 知志

石川 知志写真

職位 リハビリテーション科部長
兼リハビリテーションセンター長
出身大学 新潟大学(S57卒)
学会資格・
教育等の資格
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医・スポーツ医・専門医
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
臨床研修指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
愛知がんリハビリテーション研修修了
日本臨床スポーツ医学会代議員
日本運動器科学会評議員
急性期病棟におけるリハビリテーション医師研修修了

外来担当表

第1診察室午前 石川 石川 八木 石川 石川
午後 石川 石川 石川 石川 石川
第2診察室午前 大野 大野 大野 冨田 成瀬
午後 大野 大野/幸脇 大野 冨田 成瀬

主な対象疾患

  • 脳卒中、その他の脳疾患(脳外傷など)
  • 脊髄損傷、その他の脊髄疾患(二分脊椎など)
  • 脳性麻痺、その他の小児疾患
  • 神経及び筋疾患
  • 関節リウマチ、その他の骨関節疾患(外傷を含む)
  • 切断
  • 呼吸器疾患(肺気腫、胸腹部手術後など)
  • 循環器疾患(心筋梗塞、狭心症、開心術後など)
  • その他

特色

リハビリテーション科は、上記「主な対象疾患」に示しましたように、老若男女を問わず、非常に広範囲にわたる疾患が原因で、なんらかの障害を背負ってしまった方々の診療を行なう科です。

リハビリテーション医療はその時期により急性期、回復期、維持期の3期に分けられますが、豊橋市民病院は急性期病院ですので、リハビリテーションも入院患者さんの急性期リハビリテーションが中心になっています。

診療内容としては、各種障害の内容や程度を評価した上で、その必要性に応じて、理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語療法(ST)、摂食機能療法、心疾患リハビリテーションを行います。

また、障害によっては義肢、装具、補装具が必要となることもあり、これらの処方、作製も行います。

リハビリテーションの目標は、自立した社会生活が営めること、あるいはもとの仕事に戻れることですが、障害の内容や程度によってはそこまで到達できない場合も多々あります。

それでも患者さんの持っている能力を少しでも引き出して、できる限り、いわゆる寝たきりにならないよう援助、訓練、指導を行います。

その他

現在リハビリテーション科としては入院できるベッドはありません。

入院している患者さんでリハビリテーションが必要であると判断されれば、それぞれの科の担当医師がリハビリテーション科に紹介してリハビリテーションが始まります。

外来でリハビリテーション科受診を希望される方は、まずその障害の原因となった疾患を担当する科を受診していただき、そこからリハビリテーション科に紹介するという形になっています。

フロア案内

フロア案内画像