1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 事務局

事務局

このページを印刷する

管理課

業務内容

管理課は、主に病院内部の運営に関する業務を行っています。

1.職員の給与、福利厚生、病院職員等の採用などの人事に関すること
2.病院の予算・決算、各種支払、資金管理など経理に関すること
3.病院で使用する薬剤、診療材料、医療機器などの購入、維持管理に関すること
4.病院の建物、駐車場、職員寮等の維持管理に関すること
5.その他病院運用に関すること

医療情報課

業務内容

医療情報課は、主に病院でのIT化、個人情報の保護に関する業務を行っています。

1.病院内の総合的なIT化の計画、推進に関すること
2.各種コンピュータシステムの開発に関すること
3.病院総合情報システムの管理に関すること
4.個人情報の保護とセキュリティ対策の計画、運用に関すること
5.医師事務作業補助者(ドクタークラーク)に関すること

※当院は公益社団法人全国自治体病院協議会の「医療の質の評価・公表等推進事業」に参加しています。(リンク先「公益社団法人全国自治体病院協議会のホームページ」はこちら

No.認定資格・専門資格認定団体
1 医療情報技師 日本医療情報学会
2 医療画像情報精度管理士 日本放射線技師会
3 診療情報管理士 四病院団体協議会
(日本病院会)
(全日本病院協会)
(日本医療法人協会)
(日本精神科病院協会)

医事課

業務内容

医事課は、主に医療行為にともなう事務的な業務を行っています。

1.患者さんへの医療行為に対する保険診療、自賠責、労災、及びその他諸法(公費)による請求及び収納に関すること
2.診療報酬明細書(レセプト)の作成、及び保険者等への請求に関すること
3.各種証明書に関すること
4.患者さんの医療福祉に関する相談、援助を行うこと
5.地域連携、地域医療支援病院に関すること

No.認定資格・専門資格認定団体
1 診療情報管理士 四病院団体協議会
(日本病院会)
(全日本病院協会)
(日本医療法人協会)
(日本精神科病院協会)

医師事務作業補助者(ドクタークラーク)

当院では、平成24年度より医師事務作業補助業務検討委員会を立ち上げ、医師の事務作業による負担の軽減を目的に医師事務作業補助者(ドクタークラーク・外来クラーク)を配置し、充実した医師のサポート体制を整えています。医師事務作業補助者の業務は、医師の指示・指導に基づいて医師の事務的な作業補助を行います。

私たちはドクタークラークです

当院では、事務局医療情報課に在席する医師事務作業補助者を「ドクタークラーク」と呼んでいます。
当院は東三河地域の基幹病院であり、多種多様な病気に対し医療行為が行われています。多忙な医師の事務作業(書類・資料作成)の負担を軽減するために私たちは働いています。難しい医学用語も多々ありますが、仲間と協力し合い日々の業務に取り組んでいます。

ドクタークラーク画像

私たちのチーム紹介

私たちは、受け持ち業務別の4チームで活動しています。

for disabled users onlyAチーム
私たちは、患者様が提出された入院証明書・通院証明書の作成補助をしています。
パソコンで作成した診断書(下書き)は、看護師OGが内容の確認・修正を行い、その後医師に提出し最終確認をしています。
for disabled users onlyBチーム
私たちは、入院証明書以外の診断書の作成補助をしています。
例えば、介護保険に伴う主治医意見書、指定難病(特定疾患診断書)、自賠責診断書など各種書類を扱っています。
for disabled users onlyCチーム
私たちは、診療に関するデータの抽出・整理などの作業補助をしています。
例えば、医師から「心筋梗塞で受診した患者様は何人いるか調べてほしい」と依頼を受けたらすぐに調べます。最近では、学会に提出するための臨床データを毎日入力する業務も多くなっています。
また、学会、研究会、患者様を他院に紹介するための画像CDの作成補助も担当しています。
for disabled users onlyDチーム
私たちは、市販後調査(新医薬品の特性に応じ、販売開始から6か月間について情報収集する制度)を行っています。薬局の勉強会にも積極的に参加しています。
また、各診療科のカンファレンスで使用する資料作成や学会に提出するための臨床データを入力しています。

私たちの報・連・相

for disabled users only

副院長を中心に月1回の全体ミーティングをはじめ、毎週チームリーダーとミーティングを行い、業務の報告・連絡・相談を交えながら反省点など話し合いをしています。

私たちの研修実績

ドクタークラークのスキルアップを図るため、様々な研修を受講します。

1.採用後6ヶ月研修
ドクタークラークを新たに採用してから6ヶ月は研修期間として、業務内容に必要な研修を行います。
研修実績にあたっては、32時間以上の研修(医師事務作業補助者としての業務を行いながらの職場内研修を含む)を実施するとともに担当業務の遂行能力を向上・成長を目的にOJTを行っています。

<研修内容>
総論、医療関連法規、医療保険制度、医学一般、診療録の記載事項、各種診断書の説明、個人情報研修、電子カルテ操作研修 など

研修の様子 研修の様子

2.院外研修
院外研修にも積極的に参加しています。

<平成29年度>
・第16回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 3名受講
・第17回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 2名受講

<平成28年度>
・第14回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 5名受講
・第15回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 2名受講
・NPO法人日本医師事務作業補助研究会 第5回 愛知・岐阜支部地方会 3名参加
・NPO法人日本医師事務作業補助研究会 第6回 愛知・岐阜支部地方会 1名参加

<平成27年度>
・第12回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 2名受講
・第13回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 3名受講
・NPO法人日本医師事務作業補助研究会 第4回 愛知・岐阜地方会 1名参加
・NPO法人日本医師事務作業補助研究会 愛知・岐阜支部 第1回三河地区会 1名参加

<平成26年度>
・第11回医師事務作業補助者コース(日本病院会) 2名受講

<平成25年度>
・医師事務作業補助者研修会(日本医療コンシェルジュ研究所) 1名受講

<平成24年度>
・医師事務作業補助者に関する情報研究会(名古屋大学) 2名派遣

私たちの業務実績

採用情報

医師事務作業補助者は、医師の指示・指導の下で行われます。
先生から「ありがとう!」と声をかけていただくことも多く、やりがいのある仕事です。
是非、私たちと一緒に働きましょう!

医師事務作業補助者の声

・初心者からベテランまで協力しながら作業を進められます。
(昨年度の離職ゼロ)

・年次有給休暇(1日・半日・時間単位)が取得しやすい職場です。
(昨年度の年休取得率100%)
・子どもの急な発熱にも「子の看護休暇」で対応できるので、安心して仕事ができます。
(子が満9才になる年度末まで5日間)
・その他の有給休暇も充実しており、助かっています。
(介護休暇5日間、忌引休暇等あり)
(昨年度の夏季休暇消化率100%・5日間)
・経験年数などに応じて昇給しますので、モチベーションが上がります。
(採用5年以上の日給9,210円)
※各種休暇や昇給の条件などは医療情報課までお問い合わせください。

・研修環境が整っており、医療知識等のスキルアップにつながっています。

職場の様子 職場の様子

>>医師事務作業補助者(ドクタークラーク)募集中  (募集ページはこちら)

職場の様子