1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 呼吸器外科

呼吸器外科

このページを印刷する

スタッフ

成田 久仁夫

成田 久仁夫写真

職位 呼吸器外科第一部長
出身大学 金沢医科大学(S57卒)
学会資格・
教育等の資格
日本外科学会認定医・専門医
日本呼吸器外科学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本胸部外科学会指導医
臨床研修指導医
豊橋市民病院 緩和ケア研修会修了
日本医師会認定産業医
日本呼吸器外科学会評議員
日本肺癌学会評議員

鈴木 晴子

鈴木 晴子写真

職位 呼吸器外科副部長
出身大学 山口大学(H13卒)
学会資格・
教育等の資格
臨床研修指導医
愛知県がんセンター愛知病院緩和ケア研修会修了

坪内 秀樹

職位 呼吸器外科医員
出身大学 福井大学(H24卒)
学会資格・
教育等の資格
緩和ケア研修会修了

外来担当表

第6診察室午前 成田 鈴木
午後 成田 坪内

主な対象疾患

呼吸器外科

肺癌、縦隔腫瘍、気胸など、ほとんどすべての呼吸器外科疾患(原則として手術治療症例)

特色

呼吸器外科

呼吸器外科領域の2013年の手術件数は141例で、原発性肺癌53例、縦隔腫瘍7例、気胸手術48例でした。

当院は東三河地区の重要な基幹病院として、極めて多彩な疾患が数多く集まり、治療戦略に苦慮する症例も経験します。毎週定期的に呼吸器内科、放射線科との合同検討会を行い、ここで診断の評価、術前診断と手術診断との乖離、摘出標本の病理結果報告を行うことで、診断・ 治療の質向上を図るとともに、いわゆる「垣根を越えた治療」を基本として治療にあたっています。

近年、CTの画質が極めて精細になったことで肺癌の早期診断が可能となり、生涯のうち複数回の肺癌手術を受けることも稀ではなくなってきています。これらの早期肺癌に対する低侵襲を意図した胸腔鏡手術や、これまで標準術式とされてきた肺葉切除術に変って、より小さな切除に留める肺区域切除を行うことで、活動性を損なう肺機能低下を回避して、次回の手術に備えることも可能な症例に対しては積極的に行っています。

フロア案内

フロア案内画像