1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 血液浄化センター

血液浄化センター

このページを印刷する

スタッフ

センター長 山川大志(腎臓内科部長兼任)
副センター長 長坂隆治(移植外科部長兼任)

血液浄化センターとは

血液浄化センターは個室1床を含む21床を有し、腎臓内科医師の他に看護師・臨床工学技士・看護助手で、月曜日から土曜日まで毎日治療を行っています。
患者さんが、透析を含む血液浄化療法を安全に受けられる様に、職種の壁を越えて協力しています。
なお、透析患者さんのシャントトラブル(狭窄、閉塞、出血、感染、シャント瘤など)は、対応できません。

特色

・合併症を抱えた入院患者さんの維持透析を、行っています。また、体動困難な患者さんの体重測定のために、一部のベッドはスケールベッドとしております。
・透析困難症へのonline HDFや、自己免疫疾患や移植前患者さんへのアフェレーシス療法が可能です。
・フットケアでは、皮膚組織灌流圧(SPP)の測定を併用し、異常の早期発見に努めております。
・患者さん全員に漏血センサーを使用し、事故予防に努めております。また、透析液の清浄化にも努めております。

フロア案内

フロア案内画像