1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 血液・腫瘍内科

血液・腫瘍内科

このページを印刷する

スタッフ

倉橋 信悟

倉橋 信悟写真

職位 血液・腫瘍内科部長
兼輸血・細胞治療センター長
兼臨床研究管理室副室長
出身大学 福井医科大学(H14卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会血液専門医・指導医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
日本輸血・細胞治療学会認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
名古屋第一赤十字病院緩和ケア研修会修了
細胞治療認定管理師

井本 直人

職位 血液・腫瘍内科副部長
兼外来治療センター副センター長
出身大学 岐阜大学(H18卒)
学会資格・
教育等の資格

日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本血液学会血液専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本輸血・細胞治療学会認定医
臨床研修指導医
細胞治療認定管理師
緩和ケア研修会修了


山本 里美

山本 里美写真

職位 血液・腫瘍内科副部長
出身大学 藤田保健衛生大学(H20卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本血液学会血液専門医
緩和ケア研修会終了

堺 寿保

職位 血液・腫瘍内科医長
出身大学 名古屋大学(H22卒)
学会資格・
教育等の資格

日本内科学会認定内科医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
日本血液学会認定血液専門医
緩和ケア研修終了

伊藤 理恵

職位 血液・腫瘍内科医員
出身大学 福井大学(H26卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医
緩和ケア研修会修了

藤原 慎二

藤原 慎二写真

職位 血液・腫瘍内科医員
出身大学 滋賀医科大学(H27卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医
緩和ケア研修会修了

鈴木 祐太朗

職位 血液・腫瘍内科医員
出身大学 名古屋市立大学(H29卒)
学会資格・
教育等の資格

杉浦 勇

杉浦 勇写真

職位 血液腫瘍内科医師
診療記録管理室 顧問
出身大学 金沢大学(S57卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会血液専門医・指導医
日本輸血・細胞治療学会認定医
緩和ケア研修会修了
日本自己血輸血学会認定・自己血輸血責任医師
特定非営利活動法人卒後臨床研修評価機構サーベイヤー

ほとんどが造血器腫瘍で患者さんの高齢化が進んでいます。治療は複雑化しており、まだまだスタッフは十分でありませんが、最大限の努力をしています。

外来担当表

第6内科午前 杉浦 倉橋
※移植外来(予約のみ)
杉浦 梅村
午後 杉浦 倉橋 杉浦 梅村
第7内科午前

藤原

井本 倉橋 山本
午後 藤原 井本 倉橋 山本
第8内科午前 井本
午後 井本

主な疾患

血液・腫瘍内科では、血液細胞(白血球、赤血球、血小板)の異常、その産生過程(造血器)の異常、リンパ組織の異常、凝固線溶系の異常などを示す疾患を対象としています。

血液良性疾患

巨赤芽球性貧血
自己免疫性溶血性貧血
再生不良性貧血
発作性夜間ヘモグロビン尿症
血球貪食症候群
キャッスルマン病

造血器腫瘍

急性白血病
慢性白血病
骨髄異形成症候群
成人T細胞白血病/リンパ腫
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
原発性マクログロブリン血症
真性多血症
本態性血小板血症
原発性骨髄線維症

血栓・止血疾患

特発性血小板減少性紫斑病
血栓性血小板減少性紫斑病
血友病
フォンウィルブランド病
後天性血友病
抗リン脂質抗体症候群

など

特色

地域の患者さんが当院で治療を完結できるよう、造血器腫瘍に対する化学療法や自己末梢血幹細胞移植、同種造血幹細胞移植から、血液良性疾患に対する免疫療法や補充療法、血栓・止血疾患に対する治療まで、ほぼ全ての血液疾患へ対応できる体制を整えております。

歴史

1996年に開設されました。徐々に診療体制を整えスタッフも増加、2015年には日本骨髄バンク非血縁者間骨髄移植や臍帯血バンクの認定を受けました。

診療体制

日本血液学会血液専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本輸血・細胞治療学会認定医を中心に、血液内科専攻医、内科専攻医、初期研修医と共に診療に当たっています。
外来は月曜日から金曜日まで初診を含めて毎日診療を行っており、緊急対応も可能です。入院は西病棟9階(49床、うちクリーンルーム10床)で対応しています。入院が必要な患者さんが速やかに入院できるよう、体制を整えております。

教育体制

日本内科学会認定教育施設、日本血液学会血液研修施設、日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定施設、日本臨床腫瘍学会認定教育施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設となっています。

連携体制

成人白血病治療共同研究支援機構(JALSG)、名古屋BMTグループ、三河血液疾患診療ネットワークと連携しています。

診療方針

当科医師全員でカンファレンスを毎週行い、全入院患者さんの治療方針を検討しています。
国内外の新しい知見を積極的に取りいれ、患者さんの意向に配慮しつつ、最善の治療を提案します。
標準治療が確立している疾患ではそれを第一に行います。治療成績の十分でない疾患などでは多施設共同臨床研究へ参加することもありますし、再発もしくは治療抵抗性の場合などで治験があれば積極的に参加します。
血液疾患の治療、特に造血幹細胞移植などでは治療合併症が多岐にわたりますが、当科医師や看護師だけでなく、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、ソーシャルワーカー、造血細胞移植コーディネーターなど多職種でチーム医療を行い、より質の高い医療を提供できるようにしています。

診療実績

1996年から2019年までの主な疾患の患者数

1996年から2019年までの主な疾患の患者数グラフ

4800人以上の患者さん、特に造血器腫瘍としては3000人以上の患者さんの診療にあたってきました。

造血幹細胞移植数


造血幹細胞移植数グラフ

自己末梢血幹細胞移植、血縁者間や非血縁者間(日本骨髄バンク)における骨髄および末梢血幹細胞移植のみでなく、臍帯血移植やHLA半合致移植など、ほぼすべての移植を提供できる体制を整えております。



特殊外来

火曜日午前に、同種造血幹細胞移植を受けられた患者さんを対象に、長期フォローアップ(LTFU)外来を開設しています。同種造血幹細胞移植後に特有の晩期合併症に対する評価や対応、慢性GVHDの評価、ワクチン接種の計画、日常生活へのアドバイスなどを、専門研修を受けた看護師とともに行っています。

造血器腫瘍の治療の治療で大切なこと

ご自身の病気や治療への十分な理解が、治療の質を高め、安全性にも寄与します。病気を受け入れることは大変なことですが、少しずつでも理解を深めて頂けると良いかと思います。

1.寛解と治癒を区別して下さい。

化学療法が良く効き、腫瘍が一般的な検査(採血検査、骨髄検査、CT検査など)で検出できなくなった状態を「寛解」といいます。治療途中で寛解に入った状況でも腫瘍はわずかに残っている可能性があり、予定通り最後まで化学療法を行います。その結果、腫瘍が消失していれば「治癒」であり、わずかに残っていれば多くはいずれ再発します。完全に消失したか、わずかに残っているか、正確に判断できる検査はありません。
通常は化学療法終了から5年間経過を確認し、再発がなければ治癒と判断します。

2.治療の目標を明確にしてください。

腫瘍の種類や時期により、治療の目標は変わります。治癒を目指せる病状であるのか、治癒は目指せないが長期の寛解を目指せる病状であるのか、寛解は難しいが進行をなるべく遅らせることを目標とする病状であるのか、しっかり理解することが望ましく思います。

3.有害事象をよく理解してください。

化学療法には有害事象(副作用)がつきものです。有害事象を知り、うまくコントロールすることが、順調な治療遂行につながります。用いる化学療法薬により有害事象は異なります。

化学療法を行う際には十分にご説明致しますが、分からないことなどありましたら、遠慮なくはお聞きください。

現在実施中の臨床研究

豊橋市民病院血液・腫瘍内科では、以下の臨床研究を実施しています。

更新日:2020年10月07日


管理
番号
試験名院内
代表者名
研究の対象開始日終了
予定日
公開
文書
045 JALSG参加施設に新たに発生する全AML、全MDS、全CMML症例を対象とした5年生存率に関する観察研究(前向き臨床観察研究) 杉浦勇 急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、慢性骨髄単球性白血病 2011/
08/31
2021/
01/31
046 造血細胞移植および細胞治療の全国調査 倉橋信悟 造血細胞移植および細胞治療等に関する患者およびドナー 2011/
08/31
PDF(259KB)
075 研究参加施設に新たに発生する全ての成人ALL症例を対象とした5年生存率に関する前向き臨床観察研究 杉浦勇 未治療急性リンパ性白血病 2012/
04/25
2021/
03/31
091 急性前骨髄球性白血病に対する亜ヒ酸、GOを用いた寛解後治療 第Ⅱ相臨床試験 倉橋信悟 新たに診断された15歳以上65歳未満の未治療急性前骨髄球性白血病 2012/
07/19
2021/
06/30
092 65歳以上の急性前骨髄球性白血病に対する亜ヒ酸による地固め療法 第Ⅱ相臨床試験 倉橋信悟 新たに診断された65歳以上の未治療急性前骨髄球性白血病 2012/
07/19
2021/
06/30
176 多発性骨髄腫に関する多施設共同後方視的調査研究 倉橋信悟 症候性多発性骨髄腫 2014/
07/02
207 希少小児遺伝性血液疾患における原因遺伝子の探索研究 倉橋信悟 小児遺伝性血液疾患 2015/
02/26
226 日本骨髄バンクにおける検体保存事業 杉浦勇 非血縁者間骨髄もしくは末梢血幹細胞ドナー、非血縁者間骨髄もしくは末梢血幹細胞移植患者 2015/
10/01
260 日本における骨髄腫関連疾患の予後に関する大規模多施設前向き観察研究 杉浦勇 骨髄腫関連疾患 2016/
06/01
2021/
12/31
264 非血縁者間骨髄・末梢血幹細胞移植における検体保存事業 倉橋信悟 非血縁者間骨髄・末梢血幹細胞移植の患者およびドナー 2016/
06/01

296

成人急性骨髄性白血病の発症・進展および治療反応性、副作用に関係する遺伝子異常の網羅的解析

杉浦勇 急性骨髄性白血病 2017/
01/04
2022/
03/07
314 未治療多発性骨髄腫における遺伝子解析による治療感受性・予後予測因子の探索的研究 倉橋信悟 未治療の多発性骨髄腫 2017/
05/24
2021/
03/31
316 強度減弱前処置による移植後シクロホスファミドを用いた血縁者間HLA半合致移植後における併用免疫抑制剤の減量および早期中止の多施設共同第Ⅱ相試験 倉橋信悟 同種造血幹細胞移植の適応となる血液悪性疾患 2017/
07/20
2021/
03/31
317 骨髄破壊的前処置による移植後シクロホスファミドを用いた血縁者間HLA半合致移植後における併用免疫抑制剤の減量および早期中止の多施設共同第Ⅱ相試験 倉橋信悟 同種造血幹細胞移植の適応となる血液悪性疾患 2017/
07/20
2021/
03/31
329 フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対する自家末梢血幹細胞移植に関する臨床研究 倉橋信悟 初発フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病 2017/
09/21
2023/
12/31
341 JALSG参加施設において新規に発症した全AML、全MDS、全CMML症例に対して施行された治療方法と患者側因子が5年生存率に及ぼす影響を検討する観察研究(前向き臨床観察研究) 倉橋信悟 16歳以上のすべての未治療の急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、慢性骨髄単球性白血病症例 2017/
10/11
2026/
03/31
PDF(614KB)
374 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象としたイキサゾミブとレナリドミド及びデキサメタゾン併用療法の多施設共同前向き観察研究 倉橋信悟 再発又は難治性の多発性骨髄腫 2018/
05/07
2021/
05/31
375 骨髄増殖性腫瘍における遺伝子異常と臨床経過の解析 杉浦勇 真性赤血球増多症、本態性血小板血症 2018/
05/09
2021/
03/31
PDF(584KB)
424 Ph+ALLにおけるBCR遺伝子切断点の意義 杉浦勇 フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病 2019/
02/06
2021/
03/31
PDF(184KB)
450 ポナチニブのPK/PD/PGxに基づく適正使用と安全性情報に関する研究 杉浦勇 アイクルシグRの使用成績調査に登録されている、慢性骨髄性白血病慢性期、慢性骨髄性白血病移行期、慢性骨髄性白血病急性転化期、フィラデルフィア染色体陽性成人急性リンパ性白血病の患者 2019/ 07/03 2023/ 09/30
478 初発BCR-ABL1陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)を対象としたダサチニブ、ポナチニブ併用化学療法および造血幹細胞移植の臨床第Ⅱ相試験 倉橋信悟 B-lymphoblastic leukemia/lymphomaと診断されたBCR-ABL1融合遺伝子発現ALL 2019/ 10/03 2026/ 03/31
479 高齢者急性骨髄性白血病(AML)の層別化により化学療法が可能な症例に対して若年成人標準化学療法の近似用量を用いる第II相臨床試験 倉橋信悟 急性骨髄性白血病と診断された未治療患者 2019/ 10/01 2027/ 10/31
482 造血器疾患の発症、病勢進行、薬剤感受性を規定する分子病態の解析研究 井本直人 造血器疾患(悪性リンパ腫、白血病、骨髄腫、骨髄異形成症候群、慢性骨髄増殖性疾患、再生不良性貧血など)と診断された症例 2019/ 11/06 2025/ 03/31 PDF(310KB)
483 エミシズマブ定期投与中のFVIIIインヒビターを保有しない先天性血友病A患者における,身体活動及び出血イベント,日常生活の質,安全性を評価する多施設共同,前向き観察研究 杉浦勇

先天性血友病A (20歳以上)

2019/ 11/06

2024/ 10/31
489 慢性骨髄性白血病患者に対するチロシンキナーゼ阻害薬中止後の無治療寛解維持を検討する日本国内多施設共同観察研究 倉橋信悟

慢性期CML症例で、何らかの理由でTKI治療を中止した患者または中止する予定の患者

2019/ 12/04

2029/ 09/30
490 悪性リンパ腫疑い不明熱患者の診断におけるリキッドバイオプシーの有用性を検討するための研究 倉橋信悟

悪性リンパ腫を疑う不明熱

2019/ 12/04

2024/ 03/31
491 B細胞性急性リンパ性白血病におけるターゲットキャプチャーRNA-seqを用いたサブタイプ診断の実行可能性に関する研究 倉橋信悟

B細胞性急性リンパ性白血病

2019/ 12/04

2023/ 02/28
508 急性骨髄性白血病を対象としたクリニカルシーケンスの実行可能性に関する研究 倉橋信悟

急性骨髄性白血病初発例

2020/
04/08

2026/
08/31
513 再発・難治性FLT3遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病におけるギルテリチニブの有効性とその感受性規定因子に関する研究 倉橋信悟

16歳以上の再発・難治性FLT3変異陽性AML患者

2020/
05/13

2024/
03/31
514 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるMYCおよびBCL2またはBCL6の再構成を伴う高悪性度B細胞リンパ腫の網羅的同定の検討 倉橋信悟

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

2020/
05/13

2021/
10/31
PDF(478KB)
531 悪性リンパ腫合併妊娠の多施設共同後方視的観察研究 倉橋信悟

妊娠中に悪性リンパ腫を発症した症例

2020/
07/01

2021/
12/31
PDF(627KB)
532 非血縁臍帯血移植および非血縁末梢血幹細胞移植においてGVHD予防法とanti-thymocyte globulin投与が移植後免疫再構築へ及ぼす影響についての検討 堺寿保

造血器悪性腫瘍に対し非血縁臍帯血移植および非血縁末梢血幹細胞移植を行う16歳以上の患者

2020/
07/01

2025/
12/31
533 血液疾患登録 倉橋信悟

2012年1月1日以降に診断された、すべての血液疾患患者

2020/
07/01

2021/
12/31
PDF(510KB)
552 高悪性度B細胞リンパ腫の臨床病理学的検討 倉橋信悟

高悪性度B細胞リンパ腫症例

2020/
10/07

2028/
03/31
553 前向き観察研究に登録された骨髄異形成症候群における、同種移植までの橋渡し治療と移植成績の検討 倉橋信悟

JALSG CS11研究に登録されたMDS-RAEB/EB症例

2020/
10/07

2021/
03/31
PDF(569KB)
554 JAK2変異陰性多血症患者における睡眠時無呼吸症候群検査の有用性 倉橋信悟

当科において赤血球増多症の鑑別でJAK2変異検査を行い陰性であった患者

2020/
10/07

2021/
12/31
PDF(765KB)
555 中枢神経系原発非ホジキンリンパ腫に対する大量MTX療法と全脳照射療法の単施設における後方視的観察研究 倉橋信悟

当院にてpCNS-NHLと診断され、治療を受けた患者

2020/
10/07

2021/
12/31
PDF(524KB)

557

成人骨髄性血液悪性腫瘍に対する臍帯血移植におけるG-CSF priming 骨髄破壊的前治療の有効性に関するランダム化比較試験 臨床第Ⅲ相試験 倉橋信悟

骨髄性血液悪性腫瘍(急性骨髄性白血病 (AML)および骨髄異形成症候(MDS)) であり、非血縁同種移植の適応であると考えられるにもかかわらず適切なドナーが得られない患者

2020/
09/29

2024/
12/31
558 t(8;21)およびinv(16)陽性AYA・若年成人急性骨髄性白血病に対する微小残存病変を指標とするゲムツズマブ・オゾガマイシン治療介入の有効性と安全性に関する臨床第II相試験 (JALSG CBF-AML220) 倉橋信悟 de novo AMLと診断され、白血病キメラスクリーニング検査にて、 RUNX1 - RUNX1T1 または CBFB -MYH11 が定量検出されたCBF白血病症例 2020/
09/29
2027/
05/31
559 再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病患者を対象とするMEC(ミトキサントロン/エトポシド/シタラビン)とギルテリチニブの逐次療法の非盲検、多施設共同、前向き介入試験 (JALSG-RR-FLT3-AML220) 倉橋信悟

再発または難治性のFLT3 遺伝子変異陽性( FLT3 -ITD およびFLT3 -TKD 変異)の急性骨髄性白血病
患者

2020/
09/29
2026/
03/31

フロア案内

フロア案内画像