1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 腎臓内科

腎臓内科

このページを印刷する

スタッフ

山川 大志

職位 腎臓内科部長
兼血液浄化センター長
出身大学 名古屋大学(H4卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
臨床研修指導医

神谷 文隆

神谷 文隆写真

職位 腎臓内科医員
出身大学 岐阜大学(H23卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医

神谷 知明

職位 腎臓内科医員
出身大学 三重大学(H24卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医
安城更生病院緩和ケア研修会

杉野 希

職位 総合内科医員
出身大学 名古屋大学(H27卒)
学会資格・
教育等の資格
豊橋市民病院緩和ケア研修会修了

外来担当表

第7内科午前 杉野希
午後 杉野希
第10内科午前 山川 山川 神谷文 神谷知 山川
午後 山川 山川 神谷文 神谷知 山川

主な対象疾患

  • 急性、慢性糸球体腎炎
  • ネフローゼ症候群
  • 急性、慢性腎不全
  • 腎障害を伴ったSLEや血管炎症候群等
  • 糖尿病性腎症

など

特色

診療内容

尿の異常(たんぱく尿)をきたす疾患に対し、必要であれば腎生検を含む精密検査を行って確定診断を迅速に下すとともに、食事療法とステロイドや免疫抑制剤を中心とした薬物療法を行い、寛解・治癒を目指します。病状によっては、血漿交換・吸着療法等のアフェレーシス治療も施行します。

腎機能が低下した患者さんに対しては、集学的治療により、腎機能の温存に努めます。

維持透析は、他医を紹介させて頂きます。腎移植を希望される場合は、移植外科への紹介も可能です。

透析患者さんのシャントトラブル(狭窄、閉塞、出血、感染、シャント瘤など)は、対応出来ません。尿路系の感染・腫瘍・結石も取り扱っておりません。

平成26年3月に、多発性のう胞腎(ADPKD)の進行を抑制する内服薬が承認されました。世界規模の試験により、有効性が認められた薬です。処方が出来るのは十分な知識を持つ登録医に限られ、詳しい説明や検査を受けた患者さんが対象となり、開始時には入院が必要となります。服用を希望される際は、当科受診の上ご相談下さい。

施設認定

日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定施設

現在実施中の臨床研究

豊橋市民病院腎臓内科では、以下の臨床研究を実施しています。

更新日:2018年10月22日

管理
番号
試験名院内
代表者名
研究の対象開始日終了
予定日
公開
文書
139 ネフローゼ症候群の後ろ向きコホート研究 山川大志 ネフローゼ症候群 2013/
09/04
2023/
01/16
172 保存期慢性腎臓病患者を対象とした臨床研究-ダルベポエチン アルファ製剤低反応に関する検討- 山川大志 ESA未投与の保存期慢性腎臓病の腎性貧血患者 2014/
06/04
PDF(107KB)
213 腹膜透析患者における、新たな腹膜灌流用紫外線照射器の腹膜炎発生予防効果に関する研究 山川大志 腹膜透析を施行中の患者 2015/
04/23
2019/
12/31
242 腹膜透析患者の合併症とその対策に関する臨床調査研究 山川大志 腹膜透析患者 2016/
01/06
2025/
11/16
248 日本人患者における慢性腎臓病の実態調査 山川大志 腎臓疾患 2016/
02/03
2019/
07/31
306 慢性腎臓病の透析導入期における管理状況と透析導入後の予後との関連に関する多施設共同観察研究 山川大志 豊橋市民病院腎臓内科で新規に透析治療を導入した20 歳以上の腎不全患者 2017/
02/22
2022/
04/30

フロア案内

フロア案内画像