1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 腎臓内科

腎臓内科

このページを印刷する

スタッフ

山川 大志

職位 腎臓内科部長
兼血液浄化センター長
出身大学 名古屋大学(H4卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
臨床研修指導医

酒井 尊之

酒井 尊之写真

職位 腎臓内科医長
出身大学 名古屋大学(H19卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医

稲垣 浩司

職位 腎臓内科医長
出身大学
学会資格・
教育等の資格

神谷 文隆

神谷 文隆写真

職位 腎臓内科医員
出身大学 岐阜大学(H23卒)
学会資格・
教育等の資格
日本内科学会認定内科医

神谷 知明

職位 腎臓内科医員
出身大学
学会資格・
教育等の資格

外来担当表

第7内科午前 酒井
午後 酒井
第10内科午前 山川 山川 神谷文 神谷知 稲垣
午後 山川 山川 神谷文 神谷知 稲垣

主な対象疾患

  • 急性、慢性糸球体腎炎
  • ネフローゼ症候群
  • 急性、慢性腎不全
  • 腎障害を伴ったSLEや血管炎症候群等
  • 糖尿病性腎症

など

特色

診療内容

尿の異常(たんぱく尿)をきたす疾患に対し、必要であれば腎生検を含む精密検査を行って確定診断を迅速に下すとともに、食事療法とステロイドや免疫抑制剤を中心とした薬物療法を行い、寛解・治癒を目指します。病状によっては、血漿交換・吸着療法等のアフェレーシス治療も施行します。

腎機能が低下した患者さんに対しては、集学的治療により、腎機能の温存に努めます。

維持透析は、他医を紹介させて頂きます。腎移植を希望される場合は、移植外科への紹介も可能です。

透析患者さんのシャントトラブル(狭窄、閉塞、出血、感染、シャント瘤など)は、対応出来ません。尿路系の感染・腫瘍・結石も取り扱っておりません。

平成26年3月に、多発性のう胞腎(ADPKD)の進行を抑制する内服薬が承認されました。世界規模の試験により、有効性が認められた薬です。処方が出来るのは十分な知識を持つ登録医に限られ、詳しい説明や検査を受けた患者さんが対象となり、開始時には入院が必要となります。服用を希望される際は、当科受診の上ご相談下さい。

施設認定

日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定施設

フロア案内

フロア案内画像