1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 放射線技術室

放射線技術室

このページを印刷する

放射線技術室理念

患者様に思いやりのある心で接し、信頼に応える優れた技術と高度な医療サービスを提供します。

特色

放射線技術室では、2010年5月に導入された電子カルテシステムで一元管理した患者様の情報を、放射線情報システム(RIS)と共有化することで、デジタル画像のフィルムレス化により結果照会の迅速化が図れようになり診療の効率化に貢献しています。

8つの部門に大別して機器等の紹介をしています。

X線(エックス線)撮影室

FPD撮影装置と画像処理装置

FPD撮影装置
画像処理装置

骨・胸部・腹部などのエックス線撮影検査を行っています。コンピューターを用いて画像処理を行うことにより、被ばく線量の低減と診断精度の向上に努めています。


乳房専用X線装置

乳房専用X線撮影装置写真
マンモグラフィ検診施設画像認定証

マンモグラフィ精度管理中央委員会によるA認定の「マンモグラフィ検診施設画像認定証」第3164号を取得しています。また、10名のマンモグラフィ撮影認定放射線技師が在籍しています。撮影は女性技師のみで対応させていただきます。


骨密度測定装置

骨密度測定装置写真

■腰椎の骨密度結果

腰椎の骨密度結果

骨量の減少による骨粗鬆症を調べ、骨折等の危険を予測して適切な治療をするために行われる検査です。短時間かつ低被ばく線量で、女性の閉経後や糖尿病などによる骨粗鬆症の診断、経過観察や治療効果の評価などに有用な検査を行っています。


結石破砕装置

結石破砕装置写真

腎臓や尿管内の結石破砕治療に活用しています。

X線透視・造影室

X線透視・造影室写真

バリウムなどの造影剤を使用して、胃や腸などの消化管を撮影する検査を行っています。また、消化器領域の透視を必要とする多種・多様な検査や治療(体内の結石の除去など)や整形外科領域の脊髄腔検査や腰痛の緩和などに対しても有用な画像を提供しています。胃部検査では、指導施設として登録されました。

■胃(左)と腸(右)のバリウム写真

胃
腸

エコー検査室

エコー検査室写真

主に肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓を検査する腹部エコー、乳房組織や腫瘍の有無を調べる乳腺エコー、甲状腺の大きさや腫瘍の有無を検査する甲状腺エコーを行っています。レポーティングシステムの導入により迅速に検査結果を依頼医師に提供できるようになりました。

■肝臓のエコー像(左)と胆嚢ポリープの3D画像

肝臓のエコー像
胆嚢ポリープ

CT室

16列MD-CT(Multi Detector-CT)と64列MD-CT

16列MD-CT
64列MD-CT

3台のX線CT装置を設置しています。

64列MD-CTが導入され1スキャンを一呼吸で行うため、呼吸による位相のずれもなく短時間で広範囲で鮮明な像が得られます。また冠状断や矢状断なども描出され、専用のワークステーションを用いて骨や血管の3次元画像を構築し診断に有用な画像を提供しています。
画像の一例

■腹部の画像(左)、心臓の血管(中)と大動脈の3D画像

腹部の画像
心臓の血管
大動脈

MRI室

3T-MRI室

3T-MRI装置

1.5T-MRI室

1.5T-MRI装置

3台のX線CT装置を設置しています。
3T-MRI装置1台と1.5T-MRI装置2台を設置しています。
X線を使わず強力な磁石と電波を用いて頭部、脊髄をはじめ関節、血管、腹部、乳腺など各臓器の任意断面を描出することができます。MRIは組織間のコントラストが必要な病変の検出に優れています。また、造影剤を使用せずに頭頚部の血管画像や胆嚢、膵胆管画像を得ることもできます。
2013年3月より東三河初の3T-MRI装置が導入され、対象疾患によっては高精度の画像が提供できるようになりました。
画像の一例

■急性期脳梗塞(左)、脳血管像:MRA(中)、膵胆管像:MRCP(右)

急性期脳梗塞
脳MRA
MRCP

血管撮影室

IVR-CT装置と心血管連続撮影装置

IVR-CT装置写真
心血管連続撮影装置写真

血管撮影室では,血管内に細い管(カテーテル)を挿入し、造影剤を使用し全身の血管を連続的に造影し画像を提供しています。
東三河唯一のIVR-CT装置が導入されました。この装置は最新の血管撮影装置と高性能CTを組み合すことで、より短時間でより細かな血管や腫瘍を診断・治療することが可能となっています。また、最新デジタル技術のフラットパネル検出器を搭載した血管撮影装置も導入されており、フルデジタルのX線検出器機構により、従来のアナログ方式より良好な画像が安定して得られ、また効率良くX線を使用するため患者様の被ばくも軽減されました。
急性心筋梗塞、脳卒中、外傷等の緊急時の血管障害の診断治療にも24時間体制で対応しています。

アイソトープ検査室

デジタルガンマカメラ

デジタルガンマカメラ写真

アイソトープ検査は、自ら放射線を放出する放射性同位元素(ラジオアイソトープ:RI)を静脈注射や内服して、検査目的の臓器に集まったRIからでるガンマ線を特殊なカメラで写真を撮る検査です。人体の血流や代謝を画像化し、骨のがんやアルツハイマー病等の診断に有用な情報を提供します。
画像の一例

■骨シンチグラフィ(左)と脳スペクト(右)

骨シンチグラフィ
脳スペクト

放射線治療室

放射線治療装置とコバルト治療装置

放射線治療装置
コバルト治療装置

高エネルギー放射線を用いて放射線治療を行っています。一人ひとりの患者様に最適な治療計画をたて、病巣に高エネルギー放射線が集中してあたるようにしています。また、体内よりコバルト小線源で局所的に治療する腔内照射も行っています。

■食道癌の治療前(左)と治療後(右)

食道癌の治療前と治療後

■全脳照射の計画

全脳照射の計画

放射線技術室 認定資格・専門資格取得状況

No.認定資格・専門資格認定団体
1 超音波検査士(消化器) 日本超音波医学会
2 超音波検査士(健診) 日本超音波医学会
3 超音波検査士(体表臓器) 日本超音波医学会
4 乳腺甲状腺超音波診断委員会認定技師 日本乳腺甲状腺超音波診断会議
5 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
6 放射線治療専門放射線技師 日本放射線治療専門放射線技師認定機構
7 放射線治療品質管理士 放射線治療品質管理機構
8 医学物理士 医学物理士認定機構
9 医療情報技師 日本医療情報学会
10 核医学専門技師 日本核医学専門技師認定機構
11 核医学専門技術者 日本核医学技術学会
12 胃がん検診専門技師 日本消化器がん検診学会
13 第1種放射線取扱主任者 原子力安全技術センター・文部科学省
14 γ線透過写真撮影作業主任者 安全衛生技術試験協会・厚生労働省
15 X線作業主任者 安全衛生技術試験協会・厚生労働省
16 日本磁気共鳴専門技師 日本磁気共鳴専門技術者認定機構
17 放射線管理士 日本診療放射線技師会
18 放射線機器管理士 日本診療放射線技師会
19 血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 日本血管撮影・インターベンション
専門診療放射線技師認定機構
20 臨床実習指導教員 日本診療放射線技師会
21 医用画像情報精度管理士 日本診療放射線技師会