1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 泌尿器科

泌尿器科

このページを印刷する

スタッフ

長井 辰哉

長井 辰哉写真

職位 泌尿器科第一部長
出身大学 名古屋大学(S61卒)
学会資格・
教育等の資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医
臨床研修指導医
名古屋大学医学部臨床講師
愛知県がんセンター愛知病院緩和ケア研修会修了

田中 篤史

田中 篤史写真

職位 泌尿器科第二部長
出身大学 名古屋大学(H7卒)
学会資格・
教育等の資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医
臨床研修指導医
豊橋市民病院緩和ケア研修会修了
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会腹腔鏡下小切開手術施設基準医

寺島 康浩

寺島 康浩写真

職位 泌尿器科副部長
出身大学 名古屋大学(H17卒)
学会資格・
教育等の資格
日本泌尿器科学会専門医
豊橋市民病院緩和ケア研修会修了

小嶋 一平

小嶋 一平写真

職位 泌尿器科副部長
出身大学 高知大学(H17卒)
学会資格・
教育等の資格
日本泌尿器科学会専門医
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会施設基準医
豊橋市民病院緩和ケア研修会修了

庄 紀江

職位 泌尿器科医員
出身大学 福井大学(H22卒)
学会資格・
教育等の資格

豊橋市民病院緩和ケア研修会修了
日本泌尿器科学会専門医


内藤 祐志

内藤 祐志写真

職位 泌尿器科医員
出身大学 金沢大学(H23卒)
学会資格・
教育等の資格
豊橋市民病院緩和ケア研修会修了

河野 悠

河野 悠写真

職位 泌尿器科医員
出身大学 鹿児島大学(H25卒)
学会資格・
教育等の資格
大阪大学医学部附属病院緩和ケア研修会修了

岡田 百合香

職位 泌尿器科医員
出身大学
学会資格・
教育等の資格

外来担当表

第1診察室午前 河野 寺島 交代 田中 寺島
午後 河野 田中 寺島
第2診察室午前 小嶋 代務 長井 田中
午後 小嶋 代務 長井
第3診察室午前 長井 内藤 代務 内藤 小嶋
午後 長井 内藤

主な対象疾患

泌尿器科は尿路と男性生殖器、および後腹膜の疾患を扱う診療科です。具体的には、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道、陰茎、精巣、副腎などの疾患を扱います。

実際の当科においては、泌尿器の悪性腫瘍が診療の中心になっています。なお小児の泌尿器疾患全般、および男性性機能障害、女性泌尿器科疾患に関しては、当科では扱ってはいません。

特色

当科では泌尿器悪性腫瘍を中心に、泌尿器領域の疾患全般の診断治療を行っています。
最近、泌尿器科領域の悪性腫瘍(癌)は増加傾向にあります。
中でも前立腺癌はその増加が著名で、男性の癌の中では最も多い癌の一つに挙げられるほどになっています。前立腺癌の診断には腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)が有用とされ、豊橋市でもようやくPSAを用いた前立腺癌検診が行われるようになってきました。当科ではPSA異常値の患者さんには、できる限り積極的に検査を行い、毎年200人程度の多数の前立腺癌の患者さんを診断治療して来ています。

前立腺癌の診断を受けた患者さんには、手術、放射線、ホルモン療法、化学療法、さらには待期療法まで、それぞれの患者さんに最もあった治療を選択し、積極的な治療を行っています。前立腺全摘術に関しては、愛知県でも、有数の経験数を誇っています。特に当科では内視鏡下小切開手術という、ほんの4-5cmの創から前立腺を摘出する高度な手術を行っており、この手術に関しては以前から全国でもトップクラスの評価をいただいています。
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 ※外部リンク)
また、2013年度より米国Intuitive Surgical社の手術支援ロボットシステムda Vinci Siを導入し、すでに100例ほどのロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術も行っています。内視鏡下小切開手術とあわせ、すべての手術適応のある前立腺癌の患者さんに、最も適切な治療選択肢を提供できるものと考えています。
日本ロボット外科学会 ※外部リンク)

腎癌に対しても積極的な治療を行っています。内視鏡下小切開手術の場合には5cm程度の傷一つで腎臓の摘出が可能です。また最近、早期の小径腎癌が増加してきています。これに対しては、現在は、腎温存手術が望ましいとされているのですが、手術の難易度が高くあまり広くは行われていない状況にあります。
当科では三河地区で最も多数例の腎温存手術(腎部分切除術)を積極的に行い、優れた成績を上げています。さらに進行腎癌に対しては最新の分子標的薬などを用いた総合的加療を行っています。
また、一部症例については腹腔鏡下手術も施行しており、低侵襲手術の中で、患者さんの状態に応じて最もよい治療を提供できるように努力しています。さらに腎癌に対してもロボット支援手術の導入を検討、準備中です。

膀胱癌や腎盂尿管癌などの尿路上皮癌に対しても年間200例に上る経尿道的手術を始め、内視鏡下小切開手術や、化学療法、動注療法、放射線療法などを組み合わせ積極的な加療を行っています。

癌以外の良性疾患に対しても患者さんのneedsに沿って治療を行っています。

尿路結石に対しては、投薬などによる保存的治療に加え、最新の体外衝撃波結石破砕装置を用いた治療やレーザー結石破砕装置を用いた内視鏡治療など、あらゆる結石に対応できる体制を整えています。

前立腺肥大症などの排尿障害に対しても、手術、薬物療法、間欠導尿などを組み合わせ患者さんのQOL(Quality of Life.生活の質)向上に取り組んでいます。

フロア案内

フロア案内画像