1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 外来治療センター

外来治療センター

このページを印刷する

スタッフ

外来治療センター長 吉原 基(一般外科第三部長兼任)
当番医 午前午後の交代で1名
看護師 6名(内専任4名)
薬剤師 1名
事務職員 2名

外来治療センターとは

当院は地域がん診療連携拠点病院として各種のがん治療に以前より積極的に取り組んできました。
外来治療センターは平成18年4月に開設され、5月22日より運用が開始されています。
病床数は22床で、そのうちベッド10床、リクライニングシート12床です。 患者さんの人数は年々増えており、毎日30~50名程度の治療を実施しています。
近年、患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上と医療経済の効率化を目指して外来での化学療法が急増しています。この背景には、癌の告知が進んだこと、制吐剤や白血球減少時に対するG-CSFなどのサポーティブケアが進歩したこと、診療報酬制度の変化 などがあげられます。 当院でも安全で効率的な化学療法を快適に外来で受けて頂けるように細心の注意を払い業務に取り組んでいます。

特色

現在、乳がん、消化器がん、悪性リンパ腫、肺がん、前立腺がん、婦人科がんなどの化学療法が主に行われています。原則として各診療科で当日の採血検査などを実施し、この結果問題なく主治医が投与許可をだせば外来治療センターで化学療法が施行されます。安全に化学療法を受けて頂けるようにコンピューターによるオーダリングで医師・看護師・薬剤師の二重、三重のチェックのもとに実施されています。
院内の化学療法委員会で認可・登録されたレジメに基づいた治療が行われ、最初の治療前に担当薬剤師からも治療の内容や期待される効果・副作用などについてお話させて頂きます。
ベッド・リクライニングシートともにTV・DVDが装備されていて快適なお時間を過ごして頂けるようにアメニティーにも配慮しています。

外来治療センターイメージ1
外来治療センターイメージ2

入院で色々制約された環境で時間を過ごすより、患者さんが自宅でゆったりとした生活を続けなから治療を継続して頂けるように今後も病院全体でより良いシステムの構築に取り組んでいきたいと考えています。

その他

従来の点滴注射の医療費に加え、「外来化学療法加算I」をご負担していただくことになります。

フロア案内

フロア案内画像