1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 栄養管理室

栄養管理室

このページを印刷する

栄養管理室とは

入院患者さんへの食事の提供をはじめとして、栄養状態の把握、改善を図り治療効果の向上を目的とした栄養管理を行います。
患者さんが自分自身で栄養管理を行うために栄養指導や教室などを通してアドバイスやお手伝いをします。

特色

食事は医師の指示により患者さんの病状や年齢に応じて、一般食(常食・軟菜食・嚥下食・離乳食・ミニ食など)、治療食(糖尿食・腎臓食・心臓食・術後食など)、検査食(注腸検査食など)を合わせ、263パターンの食事を提供しています。

また、温冷配膳車を用いて、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま決まった時間に召し上がっていただけるよう、適時適温で配膳を行っています。

食事の絵
栄養士の絵

選択メニューについて、常食・軟菜食を食べている患者さんには朝・昼・夕に、糖尿食(1120~2000kcal)・心臓食・肝臓食・すい臓B食を食べている患者さんには朝・夕に選択メニューを行っています。

昼食Aイメージ

昼食A

昼食Bイメージ

昼食B

入院患者さんの栄養状態を把握し、栄養状態のよくない患者さんに対して改善を図ります。
個人栄養指導・糖尿病教室を行っていますが、予約が必要になりますので担当医師とご相談ください。

栄養指導イメージ

栄養管理室 認定資格・専門資格取得状況

No.認定資格・専門資格認定団体
1 栄養サポートチーム専門療法士 日本静脈経腸栄養学会

NST活動について

NST活動について、詳しくはこちらをご覧下さい