1. TOP
  2. 手術支援ロボット「ダヴィンチ」

手術支援ロボット「ダヴィンチ」

このページを印刷する

手術支援ロボット「ダヴィンチ」

最先端医療「ダヴィンチ」

手術支援ロボット「ダヴィンチ」イメージ

手術支援ロボット「ダヴィンチ」は1990年代に米国で開発され、世界中で導入が進んでいます。
この「ダヴィンチ」を使った手術は内視鏡手術の一種で、大きな切開をせずからだの数か所に穴を開け、そこに内視鏡カメラや鉗子を差し込んで手術を行います。
当院では、平成25年10月より前立腺がん摘出手術において「ダヴィンチ」を使用してまいります。

手術支援ロボット「ダヴィンチ」とは

手術支援ロボット「ダヴィンチ」イメージ

「ダヴィンチ」はロボット部・操作部・助手用モニターなどで構成され、ロボット部には先端に鉗子やメスなどを取り付ける3本のアームと1本のカメラが装着されています。
術者はケーブルでつながったコンソール(操作台)に座り、中に映し出される3D画像を見ながらアームを操り、患部の切除や縫合を行います。

担当部長のコメント

担当部長写真

ロボット支援手術は、ロボットが独立して手術を行うというものではなく、高解像度映像、体内で自在に動く手術用鉗子などが統合されたロボットシステムにより、執刀医の能力を補完あるいは高め、難手術の安全性を追求し、患者さんの負担を軽減するものです。
当院の泌尿器科ではすでに前立腺がんに対する手術において全国レベルで高い評価をいただいております。
今回のロボット支援手術の導入により従来の手術法に加え新たな選択肢を提供できます。その結果、前立腺がん治療のレベルをさらに引き上げ、地域の皆様に貢献することができるものと考えております。

担当部長写真

婦人科領域における腹腔鏡下手術は開腹手術に比べると、操作が非常に難しく、一部の施設でしか行うことができませんでしたが、ロボット支援手術は腹腔鏡と同じ程度の小さな創部で、開腹手術と同様の操作ができる非常に有用な治療法です。腹腔鏡の鉗子は一定方向にしか操作できませんが、ロボットの鉗子は360度動くため、骨盤腔の狭く奥まった病巣に対して非常に有効です。さらに腹腔鏡の2次元映像に対し、立体感のある高解像3次元映像で見ることができるため、より安全な手術を行うことができます。
今回のロボット支援手術の導入により、従来の開腹手術、腹腔鏡下手術と併せ、それぞれの患者さんにあった術式を提供できようになり、地域の皆様に貢献できるものと考えております。

相場医師写真平松医師写真

大腸がん手術のアプローチ方法には、開腹手術・腹腔鏡手術・ロボット支援手術があります。
がんの手術としての「質」が担保されるという絶対的条件のもとで、それぞれの長所・短所を考慮してアプローチ方法を選択します。
ロボット支援手術は、現在は腹腔鏡手術の延長線上に位置づけられますが、腹腔鏡手術に比して、より高解像度の3D画像で手術ができる、腹腔鏡手術の短所である狭い骨盤内での自由な操作が可能となるといった特徴があります。
当科ではその特徴を生かし、直腸・骨盤領域にロボット支援手術を導入することといたしました。
これにより、残すべき骨盤内臓器の神経をしっかり確認・温存し、排尿機能や性機能に優しく、安全な直腸がん手術が期待できます。
ロボット支援手術導入によって、患者さんのより良い術後生活実現の一助となれたらと思っております。

世界における「ダヴィンチ」の臨床使用状況

2012年末までに、全世界で累計1,590,000例を超える症例を数えています。
その実績数は年々拡大し、世界各国で運用されています。
また本製品に起因する重大な事故等は発生しておりません。
日本国内では平成24年4月より手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使用した前立腺悪性腫瘍手術が保険適用となりました。

世界における「ダヴィンチ」の臨床使用状況

患者さんにやさしい治療

ロボット支援手術は術後の痛みを緩和し、早期の社会復帰が可能となります。
人にやさしい医療を目指し・・・
からだへの負担を小さく世界レベルの最先端医療をもっと身近に。

患者さんにやさしい治療

当院の適応疾患

当院は保険適用されている前立腺悪性腫瘍疾患の手術において手術支援ロボット「ダヴィンチ」の運用を平成25年10月から開始しており、平成26年度から、自費診療である子宮悪性腫瘍疾患、直腸悪性腫瘍疾患、胃悪性腫瘍疾患についても開始しています。
今後、市民病院としての役割を果たしていくため、症例を重ね、より高度な医療を提供してまいります。

費用の目安

平成29年3月1日現在
(下記は標準的な疾患を元に算出しております。患者の症状・入院日数により費用は変動します。)

前立腺疾患

手術入院日数自費診療
(10割)
保険診療
3割認定証区分
一般ウの場合
保険適用 腹腔鏡下 小切開前立腺
悪性腫瘍手術
平均14日 1,300,000円 390,000円 90,430円
ロボット支援 前立腺悪性腫瘍手術 1,600,000円 480,000円 93,430円
  • 両手術とも保険適用であり、高額療養費の対象となります。
  • 食事費用・自費分を除く。

腎疾患

手術入院日数自費診療
(10割)
保険診療
3割認定証区分
一般ウの場合
自費診療 ロボット支援 腎悪性腫瘍手術 平均13日 お問い合わせください

子宮悪性腫瘍疾患

手術入院日数自費診療
(10割)
保険診療
3割認定証区分
一般ウの場合
保険適用 開腹 子宮悪性腫瘍手術 平均8日 1,200,000円 360,000円 89,430円
腹腔鏡下 子宮悪性腫瘍手術
(子宮体がん ※1)
平均7日 1,200,000円 360,000円 89,430円
先進医療 広汎子宮全摘術
(子宮頸がん ※2)
1,176,000円 ※5 756,000円 ※6 659,430円
自費診療 広汎子宮頸部摘出術
(子宮頸がん ※3)
お問い合わせください
子宮がん手術 ※4
ロボット支援 子宮悪性腫瘍手術
(体がん・頸がん)

※1・・・対象疾患は『ⅠA期の子宮体がんに限る』
※2・・・対象疾患は『ⅠA2期、ⅠB1期又はⅡA1期の子宮頸がんに限る』
※3・・・対象疾患は『Ⅰ期、又はⅡA期の子宮頸がんに限る』
※4・・・対象疾患は上記※1、※2、※3以外の子宮がん
※5・・・腹腔鏡下広汎子宮全摘術は、先進医療に係る費用(576,000円)と保険適用分(10割:600,000円)の併用(計1,176,000円)となります。
※6・・・先進医療に係る費用(576,000円)と保険診療分(3割:180,000円)の併用となり、保険診療分が高額療養費の対象となります。

  • 開腹手術、腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がん)は保険適用であり、高額療養費の対象となります。
  • 食事費用・自費分を除く。

直腸疾患

手術入院日数自費診療
(10割)
保険診療
3割認定証区分
一般ウの場合
保険適用 開腹 直腸切除・切断術
(切除術)
平均16日 1,300,000円 360,000円 90,430円
腹腔鏡下 直腸切除・切断術
(切除術)
平均14日 1,500,000円 450,000円 92,430円
自費診療 ロボット支援 直腸悪性腫瘍手術 平均10日 お問い合わせください
  • 開腹手術及び腹腔鏡下手術は保険適用であり、高額療養費の対象となります。
  • ロボット支援手術は標準的な術式での設定金額です。手術内容により金額が異なる場合があります。
  • 食事費用・自費分を除く。

胃疾患

手術入院日数自費診療
(10割)
保険診療
3割認定証区分
一般ウの場合
保険適用 開腹 胃全摘術
(悪性腫瘍手術)
平均14日 1,500,000円 450,000円 92,430円
腹腔鏡下 胃全摘術
(悪性腫瘍手術)
平均12日 1,700,000円 510,000円 94,430円
自費診療 ロボット支援 胃悪性腫瘍手術 平均12日 お問い合わせください
  • 開腹手術及び腹腔鏡下手術は保険適用であり、高額療養費の対象となります。
  • 食事費用・自費分を除く

当院における手術実績

当院における手術実績は、以下のとおりです。

手術支援ロボット「ダヴィンチ」による手術実績(PDF/23.5KB)

Get AdobeReader

PDFファイルを閲覧・印刷するためにはAdobeReaderが必要です。

  • リクルートスマホ_リクルート
  • 看護局のご紹介スマホ_看護局のご紹介
  • 総合周産期母子医療センタースマホ_総合周産期母子医療センター
  • 手術支援ロボットダヴィンチスマホ_手術支援ロボットダヴィンチ
  • 地域がん診療連携拠点病院 がんに関する情報スマホ_地域がん診療連携拠点病院 がんに関する情報
  • 高度放射線棟スマホ_高度放射線棟